桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

2019-06-02から1日間の記事一覧

横須賀ドブ板ストリート・ストーリー ⑦

修二が再びピアノを弾き始めた。オフビートの滑らかな曲が流れた。謙太郎はつっ立ったまま、子供の頃の記憶を辿ろうとしていた。すると、 「あんた、ワルでしょ」 いきなり背後から、ハスキーな女の人の声がした。振り返ると、ブラウンのソバージュ・ヘアに…