桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

カンタン成功法則 斎藤一人著 について

久しぶりに、また斉藤一人さんの本「カンタン成功法則」について、勝って気ままに思ったことを書いてみようかなと思います。

まず、カンタンというところがいいですね。簡単な事を難しく言う人がいますね。逆に難しい事をカンタンに言う人がいます。もちろん、私は難しい事をカンタンにというのが、大好きです。親切ですよね、カンタンに話してくれるのは。頭の体操をするには、難しい事をう~んって考えて、答えを出すのもいいと思うんですが、忙しいですからね、いつもいつもそんな事をやっていられませんからね~~。

それで難しそうな成功の法則をカンタンに教えてくれる、斉藤一人さんの「カンタン成功法則」は、最高です。

大我で仕事をする

 成功するには、大我で仕事をするのが原則なのだとそうです。「大我」とは、つまり、人に喜ばれること、そして、自分も楽しいことです。大我で動く人には、神様の「それ、いいね!」という出来事が、つぎつぎと起こってくるのだそうです。小我で動く人には、「その考え方は間違っているよ。早く、改めなさいよ」という出来事が連続して起こってきます。

自分の出来ることの棚卸をして、「得意なこと」「好きなこと」の中で、人のために役に立つことを仕事にするのが、成功するコツだそうです。もしも、それが今見つからなくても、大丈夫です。斉藤一人さんによれば、他にもっと自分に合う仕事があったとしても、今の仕事を大我でやっていれば、必ず天から次の仕事の「お呼び」がかかってきます。それを次つぎと大我でやっていると、いつの間にか自分にふさわしい仕事にたどり着くようになっています。そうして、いい人と出逢ったり、チャンスが巡ってきたりして、必ず成功する方向へ行くのだそうです。

逆に、大我からはずれていると、悪いことが次つぎに起こるのだそうです。だから、乗り越えられないような困難なことが起こった場合には、苦労して苦労してそれを乗りこえようとしなくていいのです。それは、「やめなさい」という神様のお知らせなのです。

そういえば昔、自分に合わない仕事を無理にしていた時期がありました。ある日、仕事に行こうと玄関を出た時に、急に腰が痛くなって歩けなくなりました。病院に行ったところ、ヘルニアで即入院ということになりました。結局、その仕事は続けられずに辞めることになりましたが、間もなく手術もせずに退院になっていつの間にか治ってしまいました。

 斎藤一人さんが言うには、病気というのは神様からの「あなたの考えは間違っていますよ」という手紙なのだそうです。「小我」の部分を直すと、体調がウソのように良くなるのです。病気になった時の仕事は、金銭だけで働いていた「小我」の仕事だったような気がします。

お金の問題や人間関係のトラブルなど、何か「困ったこと」が現れた時には、何かが「小我」になっていないかをふり返ってみるといいと言います。それには、「神様だったら、どうするだろう?」と考えてみるといいのだそうです。

 エネルギー不足になったら

  エネルギーが不足した時には、あまりいい考えが浮かんできません。そういう時には豊かな波動の中に身を置くといいといいます。たとえば大きな樹がある所とか、神社とか自然の中に入って、木々に触れたり、太陽の光を浴びたりすると、エネルギーが満たされるようになっています。それから、「私って、よく頑張っているね」とか「自分を許します」とか、そういう言葉を自分にかけてあげることでも、エネルギーは満たされますので、ぜひやってみてくださいね。