桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

春霞わずかに白き海の線

薄曇りの春の日に眺めた駿河湾をスケッチした句です。この日は雨になると言われていたのですが、雨は降らずに曇りになりました〜。そのうちにちらちらと晴れ間もあり…海を見れはぼんやりとして、空も白く、海も白く霞んていました。凪です。ただ遙か遠くの水平線は、ややあわいグレーの空より海の方がわずかに白く海面が光っていたのでわかりました。そういう景色を、そのまま詠んてみました。

富士山もつかの間、眺められました。自宅からと違って大迫力でした。この辺の景色は、絶景ですね、やっぱり。