桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

宇宙レジン《半球型》を作りました! (*^^)v

f:id:sakurado:20200205092000j:plain f:id:sakurado:20200205091835j:plain宇宙レジン《半球型》です~💛

ついに最初の目標だった宇宙レジンに挑戦してみました(^o^)/

右が第1作目、左が第3作目です。

やっぱり3作目の方がキラキラ度と透明感がいい感じですよね。

全体で6工程くらいです。

最も難しかったのは、銀色のラメで渦を作る所です。

ここは2~3回ラメをつけた棒を回すんですが、

回し方によっては、ラメが棒から離れなくて渦にならないし、

たくさん回し過ぎるとラメがばらけてしまうんですね。

ここは練習しないとって感じです。

第2作目は失敗しました~~(´Д`)

まあね、何でも失敗はつきものなので。

失敗したのは渦の所ではなくて、

表面に大きな空気が入ってしまって、でこぼこになってしまいました。

穴をふさいでコート剤(グロス)を塗ってみたけれど、

思ったほどつるつるにならなくて、透明感も無くなってしまいました。

とにかく練習ですね。

中に入れるパーツとか、ラメとかも色いろ挑戦してみたいですね。

第1作品めに、

f:id:sakurado:20200205091851j:plain 革紐をつけてみました。

 

f:id:sakurado:20200205091906j:plain f:id:sakurado:20200205091920j:plain

革紐はこんなふうに、紐の長さが調節できる結び方にしました。

今回の宇宙レジンは半球型なので、

ここまでで目標の半分です。

つぎは球形の宇宙レジンで、目標達成になるわけですが、

まだ球形のレジンは作ったことがないので、まだまだですね。

 

★★★ 宇宙レジンの作り方 ★★★

 材料 : レジン(星の雫)、ソフトモールドの型(半球型)20mm、

     ラメ(シルバー、ゴールド)、着色剤、コート剤(宝石の雫・グロス)

     ポンポンアタッチメント、スワロフスキーなど

① 半球モールド 1/5にレジン液を流し込んで固める。

  (下から見て、空気が入っていないか確かめてから照射する)

② 半球モールド 2/5にレジンを流し込み、天体に見立てたスワロフスキーや

  パールなど好きなパーツを配置して照射する。

③ 半球モールド 4/5にレジンを流し込み、少量のレジンをつけたステックに

  シルバーのラメをつけ、レジンの中央に入れて、3回位ぐるぐると回して

  宇宙の渦をつくる。ステックを真上に引き上げて、照射して固める。

④ 半球モールドのふちまでレジンを入れて、照射して固める。

⑤ レジンを着色して背景のカラーをつくり、ラメを混ぜる。

  ミール皿に着色してラメを混ぜたレジンを塗り、照射して固める。

⑥ ④で作った宇宙レジンを型から取り出し、

  ⑤のミール皿に透明のレジンを少量入れて固める。

  表面の透明感が足りない場合には、コート剤をつけてみる。

 (コート剤をつけなくても、透明感は出るようです)