桜さくら堂

みなさま、こんにちは!🌸お家カフェで寛ぎながら、開運や本の話、レジン製作や絵画、植物、お出かけ情報など盛りたくさんの話で、いっしょに気分転換しましょう。     (*˘︶˘*)常連客(読者登録)になってくださいね💛

鈍感力をつけるには・・・いつもお疲れさまです❕

細かいことが気になってしまうというあなた、

まず他人の気持ちを考えてしまうあなた、

何でも完璧にこなそうとするあなた、

手を抜くことができないあなた、

繊細さんのあなた、

このままでは疲れがたまって、身体を壊すか鬱になってしまいますよ。

そんなあなたに必要なのは、鈍感力❕ なのです。

 

それが出来れば苦労はないよって、思っているかもしれませんね。

実は、とっておきの魔法の言葉があるんです。

 

「まあ、いいかぁ」

 

誰かに嫌なことを言われても、「まあ、いいかぁ」

ちゃんと出来なくても、「まあ、いいかぁ」

細かいことは、「まあ、いいかぁ」

今日はこれくらいで、「まあ、いいかぁ」

誰かさんのことも、「まあ、いいかぁ」

自分に甘くても、「まあ、いいかぁ」

 

まず、出来ない自分を「まあ、いいかぁ」って許して、

つぎに、他人のことも「まあ、いいかぁ」って許しちゃうと、

すご~~く楽になりますよ。

 

 

ポインセチアと🎅サンタさんを飾ってみました🎄愛しの植物さん

✨ラメがついてかわいかったので、ポインセチアをお迎えしました。

クリスマスにはまだちょっと早いような気もしますが、

玄関にサンタさんの置物といっしょに飾ってみました🎄

 

 

(*^-^*)ちょっぴり、わくわくしてきました✨

 

ポインセチアの花言葉は、「私の心は燃えている」「祝福」「清純」です。

 

「私の心は燃えている」は、燃える火のように赤い花の色に由来します。

「清純」は、メキシコの先住民がポインセチアの色を清純のシンボルとしていたためといわれます。

 

真っ赤な火が燃えているように咲くポインセチアは、降り積もる雪の中の焚火のようで心までも温かくなってきますね。

逆に、真夏の灼熱の太陽の下で咲くのがこちらの初雪草です。暑い夏の日に、涼しさを感じさせてくれます。

「好奇心・祝福・穏やかな生活」

 

真冬のように真っ赤に咲くのがポインセチアで、

真夏のように真っ白く咲くのが初雪草だなんて、

自然界は、ちょっとなことをしますね。

 

もともとは赤色だけでしたが、品種改良が進んで、白やピンクのポインセチアも見かけるようになりました。

 

ピンクの花言葉:「思いやり」「純潔」

白の花言葉:「慕われる人」「あなたの祝福を祈る」

 

トウダイグサ科トウダイグサ属

原産地:メキシコ

 

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plain みなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

 

 

ネコのタクシー/感想・レビュー・あらすじ/児童文学・童話

トムは誰かに飼ってもらいたいと思っていました。

そこで「ぼくはきっと役に立ちますよ」とアピールして、

飼ってくれる人をさがしましたが、なかなか見つかりませんでした。

がっかりしたトムをみて、タクシーの運転手をしているランスさんという人が、

飼ってくれることになりました。このときランスさんはトムに、こう言いました。

 

「トム、わしの家に住めばいい。

でもネコにたすけてもらうことは、きっとないと思うがね」

 

ところがランスさんは、階段から落ちて足を骨折してしまったのです。

歩けるようになるまで2か月もかかるため、家賃も払えず生活にも困ることになってしまいました。

そこでトムが、タクシーの運転の仕事を始めたのです。

それは・・・

 

ネコのタクシー/南部和也 さく・さとうあや え/福音館書店

 

 表紙の茶トラのかわいい猫が、この作品「ネコのタクシー」の運転手のトムです。

親しみのある猫の顔にやられて本を手に取りました。本の中には猫がたくさん出てきますが、みんなとても人のいい猫なんですね。

人のいいネコって、おかしな表現ですが。

とにかく、ネコ好きにはたまらないお話になっています。

 

ネコのタクシーは、もちろん人間が使っている車ではありません。

洗車用のブリキのバケツと壊れた芝刈り機のタイヤを使って、猫サイズのタクシーをランスさんとビルという人が作ってくれます。

ハンドルや座席はちゃんとありますが、エンジンがついていません。その代わりに、トムが足を使って走るというものです。

面白いですね。これだったらおもちゃみたいなものですから、おまわりさんもうるさくないでしょう。

最初はランスさんは、トムがこれで稼げるなんて思ってもいませんでした。

 

トムがタクシーで街に出かけると、いろいろな猫がトムのタクシーに乗ってきます。

白と黒のブチの若い猫が溝に落ちている1ポンド硬貨を拾ってきて、こんなアドバイスをするのです。

 

「お金がほしいんだったら、ちゃんとタクシーに、一ポンドって書いておかなくちゃだめだぜ。

そうすればみんな用意するだろうよ。ネコで、お金をもっているやつはいないけど、お金のおちている場所は、みんな知っているもんだぜ」

 

なるほど。そういう手がありましたね。

この作品は、実に理路整然としたファンタジーになっています。

なぜだかわからないけど、猫が大きくなって人間のタクシーを運転できちゃいました、というような空想の飛躍がありません。

そのため、左脳で思考を一歩一歩構築するのが好きな人も、わりとすんなりと楽しめるお話になっています。

 

トムのタクシーは交通事故にあった子猫や、まいごのおばあさん猫や、どろぼうなど、いろいろな出会いをします。

ハラハラ・ドキドキのおもちゃのようなネコのタクシーですが、やがて警察署長にも認められる本物のタクシー・ドライバーになりました。

 

「トム、最初は、猫がひとをたすけることなんて、ないと思っていた。

だけど、おまえはわしをたすけてくれたばかりか、たくさんのひともたすけていたんだね」

 ランスさんは、トムをだきあげるといいました。

 

これは「・・・の恩返し」のようにとてもわかりやすい内容のお話になっています。

でも作者は本当のところ、

 

 トムは、お母さんのことばをもうひとつ、思い出しました。

「みんながおまえのまわりでニコニコしているときは、ひともネコも、しあわせなときなのよ」

 

ランスさんは、トムがタクシーの運転手(立派)ではなくても、そばにいるだけで幸せなのだと言いたかったのでしょうね。

 

 

作者・南部和也さん

1960年、東京に生まれる。獣医師、北里大学獣医学科卒業。その後、米国カルフォルニア州アーバインの「THE CAT HOSPITAL」で研修。

帰国後、東京で猫専門の病院「キャット ホスピタル」を開業する。

著書に『ひとのいいネコ』(小学館)、『ネコともっと楽しく暮らす本』(三笠書房)がある。

 

 


ネコのタクシー (福音館創作童話シリーズ) [ 南部和也 ]

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plain みなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

 

 

お家でカフェは、和三盆になんちゃってお抹茶はいかがでしょうか?〖開運〗

和菓子店でかわいい猫の和三盆糖があったので、思わず手に取ってしまいました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

↓↓↓それがこちらです。

 

かわいいですね♥
とゆうわけで晩秋のお家でカフェは、

猫の和三盆でなんちゃってお抹茶などいかがでしょうか?

 

(=^・・^=)ニャンコ先生のお皿に入れてみました。

 

お抹茶は昔、ある集まりのときにお抹茶を立ててくれた人がいて、なんかいいなあ~~と思ったのがきっかけでのまねごとの、なんちゃってお抹茶です。

ご一緒に、どうぞ~~♥

 

11月のこれからの開運日です。

 

11月16日(水) 一粒万倍日

 

11月17日(木) 一粒万倍日

 

11月24日(木) 巳の日×大安 

いて座の新月:7時57分

 

11月29日(火) 一粒万倍日

 

💛何をやっても上手くいく人の特徴💛

 

①自分を犠牲にしないで、人に役に立つことをしている。

自分を犠牲にしていると、なかなか宇宙貯金が貯まりません。

 

②不平不満を言わない。

不平不満を言っていると、周りにネガティブな影響を与えてしまいます。

でも、完全に我慢しなくても大丈夫です。

誰にでもいうのはダメですが、信頼できる人に聞いてもらったり、紙に書いたりしましょう。感情を無理におしころしてしまうと、逆効果になってしまいます。

 

③得意なことや好きなことを発信する。

ブログやユーチューブ、SNSなどで発信することで、他の人が有効活用できて人のためになります。人の役に立つことで宇宙貯金がたまりますので、それがやがてたくさんの幸運となってもどってきます。

 

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plain みなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

プレバトランキング俳句〖11月10日〗TBS お題/ドライブスルー

お題 ドライブスルー     〖敬称略〗

 

俳人 夏井いつき選

MC:浜田雅功/アシスタント:清水麻椰(MBSアナウンサー)

 

第1位 レーザーラモンRG 才能アリ 71点

星の入東風 今夜の恋を くれた人

添削:星の入東風 今夜の恋ひとつ

 

第2位 7MEN侍 矢花黎 才能アリ 70点

助手席で ポテト抱える 息白し

添削:助手席へ 渡すポテトや 息白し

 

第3位 勝俣州和 才能ナシ 35点

冬の朝 我慢しきれず はしご芋

添削:ドライブスルー 冬のポテトを はしごして

 

第4位 松嶋尚美 才能ナシ 30点

初雪日 湯気たつ郷まで 道中宴

添削:初雪の 道中楽し 温泉へ

 

昇格試験

 

Kis-My-Ft2横尾渉 名人10段★★★

冬の星 信号待ちの ポテト2本

評価のポイント:季語を主役に立てる工夫の是非

結果:1つ後退! ★★★⇒🌟🌟

先生からの一言:語順のミス!

添削:ポテト2本 信号待ちの 冬の星

 

FUJIWARA藤本敏史 名人10段★★★★

時雨るるや ジュニアシートで 待つポテト

評価のポイント:「時雨るるや」の効果の是非

結果:1つ後退! ★★★★⇒🌟🌟🌟

先生からの一言:ちょっと大げさ

添削:時雨また ジュニアシートに 待つポテト

 

梅沢富美男 永世名人 句集まであと2句

小さき手の ピクルスつまみ出す 小春

結果:ボツ!

先生からの一言:もっとやれるのに、つまらん所つついてる

添削:ピクルスはパパに 小春のハンバーガー

 

 

YUYUの勝手に参加コ~ナ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

女ひとり バーガーがぶりついて 冬

 

誰もがほぼ楽しいと思うようなお題から、侘しさを出してみました。

「男ひとり・・・」だとつまりませんね。(笑)フツーのことなので。

まだ色気がある女性が、一人でハンバーガーを大口開けてわしわし食べているっていうのが面白いくありませんか?

冬っていうのは、季語としての大きな広がりを持つ冬なんですが、女として冬ともとれるし、一人ぼっちという孤独を冬ともとれます。

独りで楽しくしている人も多いですが。

女の人の境遇に思いを馳せると、物語性も感じられたりしませんか?

 

あっ、今、閃きましたッ!

この冬のイメージは、あの歌がいいんじゃないでしょうか?

 

♬津軽海峡〜、冬〰景〰色〰〰♪

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plain みなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

めちゃ演歌やんけ~^^;

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

インフルエンザの予防接種をしてきました💉・・・いつもお疲れさまです♥

コロナ前は12月~3月の間に、毎年2~3回風邪に罹っていました。

それが、なんということでしょう。

コロナが流行ってから後は、1回も風邪にかかっていません。

ということはあるのですが、インフルエンザの予防接種をしてきました。

 

あなたは、もうしましたか?

 

風邪にかかる原因は、飛沫感染、空気感染、接触感染が主だと言われています。

 

マスクや手洗い、うがいなど自分でも気をつけていることもあるでしょうが、やはり多くの人の意識が変わったことが大きなことかもしれませんね。

コロナ前は熱があっても咳やくしゃみ等の症状があっても、無理して仕事をするのが良しとされていたところがあったかな・・・。

 

あれは辛かったですね~~。

ワタクシ、身体が弱かったので・・・。

どっちかっていうと、うつす方じゃなくてうつされる方なんですけども。

で、うつした方はケロッと治って、

うつされたワタクシはどんどん悪くなって病院へ行くという、いつもこういう感じだったですね。

 

無理は良くありません。

具合が悪いときは、ちゃんと休んだ方がいいですよ。

自分のためでもあるし、周りのためでもありますからね。

って、あの頃は言えなかったワタクシでした。

 

みなさんも風邪に罹りませんように(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 

長くつ下のピッピ/リンドグレーン作/感想・レビュー・あらすじ/児童文学・童話

 スウェーデンの、小さい、小さい町の町はずれに、草ぼうぼうの古い庭がありました。

その庭には、一けんの古い家があって、この家に、ピッピ・ナガクツシタという女の子がすんでいました。

この子は年は九つで、たったひとりでくらしていました。

 

だけど、心配はいりません。

なぜならピッピは、世界一つよい女の子だからです。

それに、ほんとのところ、それもぐあいのいいことでした。なぜなら、

ピッピがあそんでいるさいちゅうに、「もう寝るんですよ」なんていう人は、だれもいないのです。

 

長くつ下のピッピ/世界一つよい女の子/リンドグレーン 作・大塚勇三 訳/株式会社岩波書店

 

ピッピのお母さんは、ピッピが赤ちゃんだった頃に亡くなってしまいました。

ピッピは船長のお父さんといっしょに航海をしてきましたが、そのお父さんも嵐のときに海の中に吹き飛ばされてしまいました。

そのためピッピは船をおりて、かつてお父さんが買っておいた古い家に一人で住むことになりました。

 

でも、実際はニルソン氏という名前の猿と、買ったばかりの馬の家族がいました。

それとお父さんが残してくれたたくさんの金貨もあったから、生活は困りませんでした。

それになんといっても、ピッピはすごい力持ちだったのです。

 

「もちあげよう」とおもえば、馬を一頭、まるごともちあげられるくらいでした。

 

ピッピは自由奔放に育てられたこともあって、陸の上の生活にはなじめずにはみ出してしまいます。

赤毛でそばかすがあって、ジャガイモのような鼻に大きな口をしています。

だけどピッピは、赤毛なんかは気にしません。そばかすだって美しいから、もっと作りたいといいます。

 

 それはピッピのお手製した。

だいたいピッピは、青い服をくるつもりでしたが、青いきれ地がたりませんでした。そこで、小さな赤いれを、どこにもここにも、いっぱいぬいつけたのでした。

すらっとした、長い両足には、長くつ下をいていましたが、かたっぽのくつ下は茶色で、もうかたっぽは黒でした。

 

ここが長くつ下のいわれでしょうか。でもピッピが学校に行った時に、自分のフルネームを、

「わたしの名は、ピッピロッタ・タベルシナジナ・カーテンアケタ・ヤマノハッカ・エフライムノムスメ・ナガクツシタ」と言っています。

これは作者が楽しんで書いていますね。

 

ピッピのお隣さんには、同じ年頃のトミーとアンニカという気だてが良い子供がいて、ピッピと友だちになります。

なぜなら普段の生活に飽き飽きしていて、友だちが欲しいと常日頃から思っていたからです。

ピッピは奇想天外なことばかりしますが、2人はそれが面白くてたまりません。

 

ピッピを施設に入れようとやってきたお巡りさんと鬼ごっこをしたり、これはもちろんピッピが勝ちました。

それから学校には馬で行きます。もちろん学校の枠にはおさまりきりません。

サーカスに行けは、サーカスの人よりも活躍してしまうし、どろぼうに入られても平気だし、気取ったお茶の会でも自由気ままにふるまいます。

いわゆるお行儀のよい子からは、最も遠い所にいるのがピッピなのです。

赤ちゃんの時から母親もなくて、ずうっと船乗りの生活をしてきたのだとしたら、こんなふうに育つのも分かるような気がします。

だけど根は善良でかわいい女の子なんですね。

 

普通だったら、こんなに失敗ばかり続けてしまうと、自己嫌悪におちいってしょんぼりしてしまうところなんですが、ピッピは上手くいかなくても全く気にしていません。

ピっピが強いのは力だけでなく、本当は『心が世界一つよい女の子』だというのが読んでいてわかってきます。

この強さがどこからくるのかというと、それは最初のところに書かれています。

 

ピッピは、おかあさんがいまは天の上にいて、天にあいたちいさな穴から、むすめのわたしをみおろしているのだ、と信じていました。

で、ピッピは、ときどきおかあさんのいる空のほうに手をふって、いいました。

「わたしのこと、しんぱいしないで! わたしは、ちゃんとやってるから!」

 

ピッピは、おとうさんが、いつかはきっと帰ってくる、と信じていました。おとうさんがおぼれ死んだなんて、かんがえもしませんでした。

きっとおとうさんは、黒人がわんさかいる、どこかの島にながれついて、黒人たちの王さまになり、頭に黄金の冠をかぶって、一日じゅう、ぶらついているんだわ、と信じていました。

 

ピッピはいなくなってしまった両親の愛情を、一ミリだって疑ってはいないのです。

だから、周りの人にいくら非難されても平気なのです。

どんなむちゃくちゃをやっても、お父さんとお母さんは自分のことを愛してくれていると信じているからです。

こうだったらいいなという常識から外れたことをピッピがやっても、どこか憎めずに親しみを感じてしまうのは、その根底に子供を信じる作者の思いがそっと隠れているからなのでしょう。

この物語は、リンドグレーンが、小さいむすめにしてやったお話がもとになってできたとのことでした。

 

作者:アストリッド・リンドグレーン(1907~2002)

スウェーデンのスモーランド地方に生まれる。

『長くつ下のピッピ』で子供たちの圧倒的な人気を得る。その後、25年間、作家活動をしながら、児童書の編集者としても活躍する。

「やかまし村」シリーズや「名探偵カッレくん」シリーズ、空想ゆたかなファンタジーなど、世界中の子供たちから愛される多くの作品がある。

1958年に国際アンデルセン賞を受賞。

 


【新品】長くつ下のピッピ アストリッド・リンドグレーン/作 大塚勇三/訳

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plain みなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村