桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

緊急事態宣言中ですが、今日は担当者会議です。

在宅勤務といっても、必要な時には出社したり、

ご利用者様のお宅に行かなければなりません。

今日は新しい方のサービスご利用について話し合うために、

ご利用者様のお宅に伺いました。

Tさんは70歳の男性で、一人暮らしです。

足が悪いため移動が大変で、家事ができず、また入浴もされていません。

排泄の失敗もあるようで、特に衛生面で問題がありました。

食事も朝に3食、他所に住んでいるお兄さんがコンビニで買って、

車で持って来たのを、3食に分けて食べているとの事でした。

これらの問題を解決するために、

訪問介護で本人とヘルパーさんがいっしょに家事などをやり、

デイサービスで入浴と機能訓練や食事、レクなどをすることになりました。

そこで今日は、本人とお兄さんと、

デイサービスと、訪問介護と私ケアマネが

その具体的な内容を話し合いました。

Tさん宅は、平屋の借家にお住まいで、

話し合う場所は4畳半の居間で、そこに5人が集まるわけです。

コロナのために距離を置こうにも、物理的に無理ですし、

お年寄り相手では、大きな声で話しかけなければなりません。

とりあえず玄関や窓を開け放して話し合いましたが、

コロナ感染は運まかせですね。

この担当者会議をしなければ、

サービスにつなげられないのですからね。

他に今月はもう1人、新規の方で、90歳の女性のEさん。

Eさんは娘さんと同居されていますが、

娘さんが手術をされるので、その間、施設にショートで入居される予定です。この方のお宅にも行かなければなりません。

やはり4畳半の所に5人ですね。

誰が感染しているかわからないコロナ、

うつさないように、うつらないように最大限の注意をしていますが、

政府の緩慢な動きを見ていると、

気管が弱いし体力にも自信が無いので、

ああ、私もそろそろ身辺整理をしておいた方がいいのかな、

と思う今日この頃です。