桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

なんちゃってガーデニングしています。

お題「#おうち時間

f:id:sakurado:20200526085638j:plain

 ↑ ピンクのミニバラとかすみ草の寄せ植えしました。

 

黎明というか、夜が明ける頃の静かな時間が

1日のうちで最もいい時間なんですよね、私の場合は。

まだ白々とした空気の中で、

景色を眺めながらコーヒーとかお茶を飲みながら

ぼんやりと考えごとをするのがいいんですよね。

これはまあ、信じなくてもいいんですが、

信じないのが普通なんだと思いますがね、

朝の5時前は神事では、神々のいる時間って言われています。

 

「考えるヒント 生きるヒント」の著者のジェームス・アレンは、

夜明け前に散歩し、海と家が見える丘に登って、

1時間ほどとどまって瞑想し神と交信するのを日課にしていた

と彼の本に書かれています。

AS  A  MAN  THINKETH (原題)は 1902年初版なので、

古典のようになっていますが、本の内容は今でも十分通用します。

 

私たちは、自分が考えた通りの者になる。

なかでも人格は、

人がめぐらすあらゆる思考の完璧な総和である。

 

とか、

 

人の心は、庭のようなものである。

それは、知的に耕されることもあれば、

野放しにされることもある。そして、いずれの場合にも、

かならず何かを生産する。

 

真理は時代が変わっても同じですからね。

私も考えことをする時とか、

お話の構想を考える時とか、

行き詰った時なんかは、

この夜明けの時間にぼ~~っとしながら考えたりします。

あと、大事な決断をする時なんかにも。

すると自分の小っちゃい頭脳では絶対思いつかないようなことが、

ふっと思いついたり、

分かっちゃったりするから不思議なんです。

潜在意識から来るんでしょうか、

よく分かりませんけどね。

それがガーデニングと、どう関係するんだっていう話なんですが、

昨年まではマンションの上の方に住んでいたんですよ。

だから、朝っていうとこういう景色だったんです↓

f:id:sakurado:20200527155611j:plain

 

いいでしょう? 

されどそれは昔の話。今は、小っちゃい庭があるだけで、

すぐお隣ってわけなんです。

今までの景色とは比べようがないんですが、

まあ、それでも朝の大事な時間を少しでもステキな時間にするために、

小っちゃい庭を少しでもよく見えるように、

なんちゃってガーデニングしているわけです。

小さな草を抜いたり、

枝を切ったり、花を植えてみたり……、

あんまりガーッってやると嫌になってしまうので、

ちょっとずつ、お気楽にやっています。

なんちゃってガーデニング、

あなたもどうでしょう?