桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

プレバト・ランキング 俳句 ≪2020年5月28日・木≫        名人特待生昇格降格査定

   お題     100円玉        ≪敬称略≫

                                               f:id:sakurado:20200531131659j:plain

  MC      浜田雅功

  アシスタント  玉巻映美

  俳人      夏井いつき 

特待生昇格試験 

 特待生5級   馬場典子 

 

   空き瓶で 小遣い五円 夏の夕

 

小学生の時、夕食前に父のお酒を買いに行ってた。

ついでに前のビールの空き瓶を酒屋さんに持って行くと

1本5円になる。それはもうお駄賃にしていいよ。

ちょっとずつ集めるのが楽しかった。

 

昇格試験のポイント : 「~で小遣い」の是非     

 

  結果 : 現状維持

  理由 : 発想は良いのに誤解される。

   

  夏井先生の添削 : 空き瓶は 一本五円 夏の夕

 

  特待生4級  パックン

 

   テキサスの芝刈り お駄賃でコーラ

 

祖父の家がテキサス州にあって、

毎年この時期になると2~3週間遊びに行ってました。

ボクの仕事は芝刈りです。

芝刈り機に乗ってブウーンと芝を刈っている間に、

おじいちゃんにもらったコーラを飲む。これが人生最高の味。

 

昇格試験のポイント:”句またがり”の型にしたことの是非 

  

  結果 : 1ランク昇格   ⇒ 特待生3級 

   

芝刈り : 歳時記によっては夏の季語

コーラ : ”清涼飲料水”と共に夏の季語 

 

  夏井先生の添削 : テキサスの芝刈り お駄賃のコーラ

 

 特待生2級  柴田理恵 

 

   「百円でケンカしたよね」笑う君の歯 若葉風

 

今から40年前ほど、親友の久本雅美さんと「100円を貸した」「返した」

っていうことで、本当に大げんかしたことがあるんです。

それを2人ともいまだに覚えていて、お酒飲んだりすると

「小っちゃい人間だったよな」笑いながら飲んだりするんですけど

  

昇格試験のポイント: 会話部分の「」(カギカッコ)の是非

 

  結果 : 1ランク降格   特待生3級

  理由 : エピソードとしては面白い

          書き過ぎ、やり過ぎ。

          17音はあっという間に尽きてしまう。

 

   夏井先生の添削 : 百円で ケンカしたよね 若葉風

             百円で ケンカした日の 若葉風

 

 名人初段 Kis-My-Ft2 千賀健永

 

   ゲネプロの あとはどら焼き 夏の空

 

  ゲネプロ : 舞台公演・ライブ等の最終リハーサル

昔、中学3年生の頃、滝沢くんの舞台に出演させてもらって

そのゲネプロの帰りに「自分にご褒美あげよ」と思って、

帰り道にどら焼きを100円で買ったんです。

その時の夏の思い出を俳句にしてみました。

 

昇格試験のポイント:「~のあと」の表現の是非

 

  結果 : 1ランク昇格   名人2段

  理由 : 「どら焼き」の選択が良い

 

永世名人への道

 

◎  名人10段   FUJIWARA藤本敏史

 

   オペレッタ 歌って コインシャワー浴ぶ

 

コインシャワーって100円入れると、何分間かシャワーが出る。

高速道路のサービスエリアにあるイメージなんですよ。

そこを使う人って、トラックの長距離ドライバーさんかなと。

ドライバーさんがシャワーを浴びながら、適当にオペラを歌いながら

シャワーを浴びているのを想像して書きました。

 

評価のポイント:「歌って」と「浴ぶ」の是非

 

  結果 : 現状維持

  理由    : 歌ってはいらない。素材が面白い。

       トラックの運転手を書いた方が良い。

 

  夏井先生の添削: コインシャワー浴ぶ トラック野郎のオペレッタ

 

 名人10段 ★★  東国原 英夫

 

   百円玉と ヤモリがオレの 守り神

 

 師匠の弟子をしていた頃、貧乏だったんですね。

1日100円しか無い日が結構あったんですよ。汚いアパートの中で

100円玉持ってる、ヤモリが出てたんですよ。

ヤモリに家を守るという言い伝えがあるので、100円玉とヤモリが

自分の明日の守り神だと強く思ったんですね。

ヤモリっていうのはひらがなだと季語、あえてカタカナにしたんですね。

 

評価のポイント:「ヤモリ」「オレ」カタカナ表記の是非

 

 結果 : 1つ前進!  ⇒ 名人10段 ★★★

 理由 : 意図が生かされた表記

      心が行き届いた一句

 ・植物や生き物の季語は、基本カタカナで表記しないが、そこをねらって書いた。

 

永世名人  冨美男のお手本

 

   おひねりや 子役の見得に 夏芝居

 

見世物小屋とか、田舎に行くと子供歌舞伎、これ、よくやるんですよ。

その時に、小っちゃい子供が見得を切るんですね、パッと。

そうすると客席にいる人達が、よくやったーっと、

おひねりを持って行くのがあるんです。

 

   句集掲載    決定  or  ボツ

    査定         ボツ 

・役者さんらしい自分の持ち場の表現だが、見落としがある。

 

夏井先生の添削 : おひねりの 飴よ硬化よ 夏芝居

 

(*´ω`) YUYUの勝手に参加コーナー

  真昼のコイントス 土用のれん前 f:id:sakurado:20200531131711j:plain

 

  暑い夏の昼時、

暖簾の向こうからただよってくるいい匂いにつられてやってきた2人。

「どっちが払う?」

「これで、どう?」

「OK!」

 1人がポケットから出した100円硬貨を、にぎった右手親指先にのせてはじいた。銀色の硬化は空中高く舞い上がり、キラッキラッと光りながら落ちてくる。それを空中でパッとすばやく掴むと、左手甲に伏せた。

「裏!」

「じゃあ、表」

 右手をのけると、桜模様の硬化が……

 

っていうイメージでしょうか。遊び心で……つくった句ですね。

土用のれんといいえば、いい匂いがする長いものですね。

えっ、蕎麦だって?!

(汗)まあ、そういう向きもあるかもしれませんね、それぞれお好きにどうぞ。

コイントスは日本硬化の場合は、100円がぴったしですね。

銀色だし、桜模様だし。

500円硬貨だと大きすぎるし重いし、

10円硬貨だと似合わない気がしますね。

軽いノリで楽しく、句またがりにしちゃいました。(*´Д`)

あ、真昼のコイントスは、真昼の決闘をもじりました。 

ぷぷっ…… (*´Д`) って笑っていただければ

っていう句ですね。