桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

愛しの文具 ≪ モンブランの万年筆 ≫

MONTBLANC モンブランの万年筆が、なぜか好きです。

良いことがあったり、

自分へのご褒美につい買ってしまいます。

モンブランの万年筆で書くと、

なぜかテンションが上がってきます。

f:id:sakurado:20200827094518j:plain マイスター・シュテュック  細字

(^◇^)これは最近買ったものです💛

f:id:sakurado:20200827094533j:plain ジェネレーション 細字

(*^^*) これは昔から使っているモンブランです。

 

この2本は、だいたい手紙を書く時に使うことが多いです。

f:id:sakurado:20200827094600j:plain ノブレス 極細字

細い字が書けるので、主に手帳とかに使っています。

f:id:sakurado:20200827094501j:plain ノブレス オブリージュ 中字

すっごくなめらかで書きやすいので、

( ..)φ メモ書きとか、サインとかに使っています。

サインっていうか、ちょっとした署名に。

 

ついでにインク類も (*^-^*)

 

f:id:sakurado:20200827094615j:plain

 これは超レアの MONTBLANC 桜 の ボトルインクと

カートリッジケース(6ケ入り✖10箱)のインクです。

これはオークションで落札しました。

落札、かなり大変でした~~(@_@)💦

どうしても欲しかったので、

ちょっと頑張っちゃいました~~!

 

f:id:sakurado:20200827094629j:plain 

アイリッシュグリーンラベンダーパープルロイヤルブルートフィーブラウン

いろいろな色のカートリッジで楽しんでます。 

f:id:sakurado:20200827094646j:plain

ミステリー・ブラックとミッドナイト・ブルーのボトルインクです。

それにしても、

モンブランのネーミングは、魅惑的ですね。たとえば……

 

ミステリー・ブラックは、

書いた直後は青みがかり漆黒ではないブラック。

乾くと赤紫が混じった気品のある色合いになります。

 

ミッドナイト・ブルーは、

美しい真夜中の色で、

空の青さを僅かに感じられる空の色とあります。

 

アイリッシュグリーンは、

明るすぎず暗すぎない

エメラルドの海を思い出すような緑。

眩しすぎることもなく、文字にしても読みやすいグリーン。

 

トフィーブラウンは、

書き始めは赤みがかった茶色。

そして直後から赤さが消え、明るめのブラウンに変化。

中世ヨーロッパを感じさせる落ち着いた温もりのある色合い

が心を鎮めて明るさをもたらします。

 

ラベンダーパープルは、

ラベンダーの一面の野辺を想像させ、

心に美と明るさをもたらします。

 

ロイヤルブルーは、

書き始めはうっすらと赤みを帯びた青、

そして紫がかった色から深みのある藍色に。

最も美しいブルーインクと評価され

気高さと高貴さを合わせ持つ色。

 

……だそうです。

 

≪ ハリーはついに黄色味がかった封筒に手を伸ばした。

エメラルド色で宛名が書いてある。≫  

ハリー・ポッターと賢者の石より

これはホグワーツ魔法魔術学校からの手紙ですね。

たぶん、モンブランのエメラルド色のような気がします。

 

ペチット・ワンも楽しいけれど、

(*^。^*) モンブランもまた違う楽しみがあって、

わくわくが止まりません。