桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

親しき仲にも冷却あり  森瑤子著 講談社文庫

今週のお題「読書感想文」

カバーと題から

森瑤子氏のおしゃれな恋愛小説かなと思ったけれど、

手に取ってパラパラとめくってみれば、

英会話でのマナーの本でした。

この本のもとになったのは、

『森瑤子流やさしい英会話』(カードエイジ・㈱JCB発行)で、

カバーを取れば、なるほど落ち着いた表紙になりました。

森瑤子氏の夫はイギリス紳士ですから、

これも納得です。

彼女は海外旅行者のために書いたようですが、

コロナ禍でなければ

海外に行かず日本の片田舎に住んでいても、

外国人が散見するので一読して損はないのかな (*'ω'*)

またコロナが終息すれば、

旅行もするようになるでしょうしね。

そうあって欲しいものです。

英会話っていっても、

これは入門編といったところでしょうか。

たとえば、Part 1 プリーズの使い方

     Part 2 サンキュウを連発しよう

     Part 3 エクスキューズ・ミーを使い分ける

     :

と続きます。

『プリーズ』と『サンキュー』と『エクスキューズ・ミー』

この3語だけでも上手に使えたら、

「感じのいい日本人」「とても礼儀正しい人」

という評価がついて、それに対して、

相手も充分感じ良く礼儀正しく応えてくれるとか。

 

まず、” プリーズ ” 

日本語に訳せば「どうぞ」。

「どうぞ、お座りください」(please,sit down.)

「どうぞ、それを取ってください」(Please,Pass me that.)

頭につけるだけですので、簡単ですね。

ただ、日本では普段、あまり言わないかもしれません。

そこが問題だと森瑤子氏は指摘しています。

普段使い慣れていない言葉は、とっさには出て来ない

使っていないので、英語でも、つい

”Sit down." とか ”Pass me that."

 「座んなさい」とか「取ってよ」

というぞんざいな言葉使いになってしまう人が多いとか。

① ” I want cofee."  コーヒーを要求する!

というように。

② ” I would like to have cofee , please."  コーヒーをいただこうかしら。

で、初めて感じの良い普通の会話になるらしいです。

ふぅ~~ん、なるほど。

面倒だなっていう人には、むしろ①よりも、

③ Cofee, please.  の方が良いと言っています。

「お茶のおかわりはいかが?」と問われたら、

” イエス・プリーズ ” と、あるいは

” プリーズ ” だけでもステキだとか。

 

つぎに、” サンキュー ”

 レストランで。

「どうぞこちらへ」とウェイターが言う。

それに対して、サンキュー。

椅子を引いてくれるので、

「サンキュー」と言いながら座る。

メニューをくれるので、「サンキュー」。

注文し、ウェイターがリピートすると、

「その通りです、サンキュー」。

ワインが注がれて、「サンキューとうなずく」。

最初の料理が運ばれて、「サンキュー」。

食べ終わってウェイターが下げて、また「サンキュー」。

これを料理の数だけくり返す。

デザートの時も、コーヒーの時も。

椅子を引いてくれて、「サンキュー」。

お勘定の時も、「サンキュー」。

レストランを出る時、にっこり笑って、

「サンキュー、グッドバイ」。

 

ブティックデパートで。

「こんにちは!」(Hello!) お客が先に挨拶をする。

挨拶もせず、いきなり勝手にあれこれ手に取って見るのが許されるのは、

日本でだけのことで、それから、

「あれを見せてください、プリーズ」

とお願いする。

出してくれたら、「サンキュー」。

もし、気に入ったものが無くても、

出る時にはご迷惑様さまの気持ちを込めて、

「サンキュー・ヴェリ・マッチ」。

そんなにペコペコする必要ないじゃないかっていう人に、

森瑤子氏は、

≪ たくさん ”アリガトウ” が言える人は、

それだけ自分に余裕がある人といえる。≫

と言っています。

それについては、私も同感です。

自分に自信が無いと、卑屈になってしまいますからね。

 

それから、” エクスキューズ・ミー ”。

呼びかけとしての「エクスキューズ・ミー」は、ホテルのフロントで、

買物の時、人に道を聞きたい時に使えます。

知らない人を押してしまったり、足を踏んでしまった時、

「失礼」「ごめんなさい」の意味に。

相手を呼び止める時に、

「ちょっと! 待ってください!」と。

親切な気持ちから、注意をしてあげたい時とかに、

「差し出がましいけど、ちょっと……」

 

まあ、こんな感じで軽く英会話のつぶやきが語られていく。

なるほどな、と思ったり、

耳が痛くなったり。

Part 6 の、日本人は No が苦手というのも、

気になる話題でした。

かつて、石原慎太郎氏が『 ノート入れるカバン 』

じゃなかった……

「 NO と言える 日本 」

という本を出して話題になったことがあったように、

日本人は NO が苦手かもしれません。

でも、最近はそうでもないような人も増えましたが。

お年寄りの人は、かなりあいまいで、

嫌とは言わず、「そこは察してよ」

という感じの人が多いので、

日本人の私でも、難しいなぁと思います。

 

あと Part10 の

語学度ではなく、大人の問題であるということ

も、考えさせられましたね~~

 

ということで、

 『森瑤子流やさしい英会話』を読んでの

YUYUのつぶやきでした。

オソマツ。m(__)m💦

 

あっ! 勉強になりました!!

(*^_^*) Tnank you very much!!