桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

こんなはずでは、というご利用者様……ケアマネのつぶやき

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

 

6月に新規で担当し、ケアプランを作ったけれど

7月に施設に入られてしまった方がいました。【6月24日の記事参照】

じつはそれから1か月も経たないうちに、

再び地域包括からお電話がありました。

「○○さんなんですけど……」

「ああ、○○さん、その後、お元気ですか?」と私。

ちょっと間があってから、

「施設を出て、家に帰りたいって言ってるんですけど……」

「は?」

「いろいろあって、嫌になったみたいで。

だけど家族は、今さら帰ってきてもらっても困るって、

それで今、話し合いをしているんです」

 

施設にバラ色の人生を思い描いていた方でした。

見学をして、きれいなお部屋や清潔なダイニング、

広いお風呂、設備と介護スタッフがそろった施設でした。

お掃除もお洗濯もやってもらい、食事の支度や片付けで悩むこともなく、

困った時にはやさしい介護士さんに助けてもらって、

ああ、なんて恵まれているのでしょう……と。

 

ただ、どこへ行ってもつきまとうのが、人間関係です。

他の利用者様と、介護の人と……。

なにしろ施設というのは、一般の住宅に比べて密度が濃いですから、

いったんこじれると逃げ場がありません。

某アパートの壁が薄いと社会問題になったことがありましたが、

施設の壁はそれよりも薄いと思ってもいいでしょう。

ちょっとした物音さえも、隣にも廊下にもつつぬけってことに……。

(よほど高級な施設なら大丈夫かもしれませんね。)

無口な人は、他者の騒音に悩み、

話好きな人は、他者に及ぼす騒音が苦情につながります。

神経質な方は、生活音でさえも文句を言ってきたりして。

何しろ長い年月、全く違う生活をしてきたおじいちゃんやおばあちゃんが、

狭い空間にぎゅっと押し詰められるのですから、

これはなかなか大変です。

○○さんは耳が遠いので、ついつい大声になったようです。

それに話好きということもあって、

他の利用者様から苦情がきたようなんですね。

それと介護の人が、あまり話もしてくれないし、

世話もよくしてくれないということでした。

なにしろ人手不足な業界なので、

どうしても大変な人から先にお世話することになってしまうし、

世間話におつきあいする余裕は、

介護の人だけでなく

相談員や事務員でもなかなか無いのが現状です。

 

こんなはずでは……と、

つくづく施設が嫌になって帰りたいということでした。

けれど、

たったひと月くらい施設にいただけなのに、

歩くのも難しくなってしまいました。

家にいた時はつたい歩きでおトイレまで行けたのが、

車椅子になってしまったのですね。

要支援1の夫は、

「もう世話ができない。それに自分にも趣味があって

外出するようになったのに、それもできなくなってしまうから嫌だ。

わがままを言っていないで、このまま施設で暮らしてほしい。

我慢していれば、そのうちに慣れるだろう」

と、がんとして譲りません。 

 ○○さんは「帰りたい」の一点張りで、息子さんにも泣きついて

いつ帰れるのかとそればかりとのことでした。

 地域包括の方もほとほと困り果てて、

「今度、キーパーソンの息子さんも含めて話し合いをするので、

来てもらえませんか?」

ということで、私も参加することになりました。

 

話し合いの結果、

ショートステイ(施設)を平日利用し、

土日は自宅でヘルパーさんに支援を受けて生活する

ということになりました。

また、特殊寝台と歩行器を借りて、

ベッドの脇にポータブルトイレを置くことになりました。

それでも帰る家があったので、○○さんは良かったです。

9月からそれでやっていますが、

今のところ、ショートステイでも問題が起きていませんし、

自宅でも大丈夫なご様子です。

 

今までのケアマネとしての経験からすれば、

おじいちゃんやおばあちゃんの施設での生活で

こんなはずでは……という想定外の訴えは、

ほとんどが、他者との人間関係でした。

あまりひどい時には、お部屋を替えてくれることもありますので、

相談してみるといいですよ。

 

ああ、そうそう、○○さんには、

「また、担当ケアマネでお願いできますか?」

と聞かれたので、

「いいですよ」

と返答しました。