桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

プレバト・ランキング 俳句 2020年 金秋戦 決勝

 

    お題 【7時過ぎの時計】 f:id:sakurado:20201116111002j:plain

 

 MC      浜田雅功

   アシスタント  玉巻映美

 俳人      夏井いつき 選            ≪ 敬称略 ≫

 

【 優勝 】   千原ジュニア     名人2段

   痙攣の 吾子の吐物に 林檎の香

「子供が熱性痙攣になった。

時間が止まって、真っ白になって……。

どうしょうって時に、吐いたんですよ。

食べていた林檎の匂いがして、現実に戻るというか」

 

【 第2位 】   Kis-My-Ft2 横尾渉   名人6段

   流星の ターミナル 三分で蕎麦

「次の電車・バスが来る間に、お腹が減って

ちょっとだけ時間あるな。

パッと見たら立ち食い蕎麦がある。ちょっとここで

ご飯を食べて、次の現場へ向かおうかなっていう」

 

【 第3位 】   梅沢冨美男   永世名人

   火恋し 形見の竜頭 巻く深夜

「去年は母親・おば・兄貴も亡くしちゃったんですね。

兄貴にプレゼントした時計があるんです。ローレックス。

高い時計を兄にプレゼントしたんです。

最期の言葉で、「これ冨美男に返してくれないか?」

俺の形見だと思って持っていてくれないか

という遺言があった。巻いておかないと

兄貴の思い出が消えてゆくなと思って、深夜に巻いた」

火恋し : 秋の季語

      身近に火が欲しくなってくる時期

 

【 第4位 】   Kis-My-Ft2  千賀健永  名人2段

   震源の時計台 無音の夜長

「キスマイで北海道の時計台に行ったんですけど、

コロナの時期に北海道で地震があって

あの時計台 大丈夫かな?

それを題材に 地震があった時計台

秋なので夜も長いし、無音の雰囲気が今回の句のポイント」

夏井いつき : 時計台無音 震源地の 夜長

 

【 第5位 】   立川志らく   名人3段

   谷崎のエロス 潤目鰯の骨

「谷崎潤一郎賞では、副賞として時計を贈呈。

うるめ鰯で一杯やりながら、

うるめ鰯の骨までも官能的になって

谷崎「潤」と「潤目」鰯を引っかけた」

夏井いつき : 谷崎の エロス潤目の 骨柔し

 

【 第6位 】   FUJIWARA 藤本敏史   名人10段

   月光の ひとつぶ受診 電波時計

「電波時計は自動で誤差を修正するんですよ。

ボクは月の光のパワーをちょっとだけ借りて

受診して修正するのかな?」

夏井いつき : 月光の ひとつぶ 電波時計ぴくん

 

【 第7位 】   三遊亭円楽   特待生1級

   弁慶が 時計している 村芝居

「高橋英樹さんがスリッパを履いたまま、

本番の時「許さん!」って出てきちゃって、NGになった。

弁慶が見得切って、六方踏んで

かけ声が「時計や!」

ほのぼのとしたのが好きなんです」

夏井いつき : 弁慶は 時計したまま 村芝居

 

【 第8位 】   森口瑤子   特待生3級

   秋てふや 夢の途中に 時計鳴る

「普段の生活なんですけど、

実態の無いものを追いかける夢をみて、

それが良いものな気はするけど、

見てる途中に必ずアラームの音で目が覚めてしまうので、

それを詠みました」

夏井いつき : 秋てふや 夢の途中を 鳴る時計

 

【 第9位 】   中田喜子   名人5段

   婚破れ 振子響くや 夜半の秋

「結婚が破れて、いつもは振り子の音は気にもせず

すやすや眠れるのに、

振り子の音が部屋に響いている」

夏井いつき : 振子音 響く 婚破れし秋夜  

 

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ YUYUの気ままな感想コーナー

 

1位~3位はどの句が優勝してもおかしくないような

名句でしたね。

そうなると、やはり選者の好みがあるのでしようか?

梅沢冨美男氏の火恋しのしみじみと滲みいるような句

は流石です。

梅沢さんは、季語がいつも絶品ですよね。

Kis-My-Ft2の横尾さんの流星のターミナルって、

慌ただしい日常にを感じられていいですよね。

千原ジュニアさんの痙攣の吾子は、

いきなりパンパーンと張り手をくらったような感じで、

林檎の香に着地でした。

リアリティはありますが、

やはりこういうショッキング的なのは、

夏井先生好みなのだろうな。

第6位のFUJIWARA 藤本さんの月光のひとつぶは、

好きですね。私は

人間というのは、2種類あると思っているんです。

普通の大人と、

少年少女の心を秘めたまま、大人になった人間と。

大人になりきれない人間ではありませんよ、

ちゃんとした大人でありながら、

なお且つ子供の心を失っていないという意味です。

 

藤本さんやKis-My-Ft2の千賀さんとかは

後者だろうなと思います。

こういう発想は、

ピュアな心で物をみないと思い浮かばないものだからです。

ただ藤本さんの場合は、

時どき、べたすぎるなと思うんですが。

今回の発想は素敵でした。

 

浜田さんの司会が上手いので、

おもわず笑っちゃうのですが、

やっぱり全体的に真面目な感じがします。

賞も、優勝だけだし、

私なんか平凡な句が好きなので、

キング・オブ・ザ凡人 大賞とか、

もう一歩 大賞とか、

あってもいいような気がするんですけどね、

どうでしょうか?

(*´ω`)