桜さくら堂

みなさま、こんにちは!🌸児童文学を中心にして、絵本やYA、一般の書籍の感想や解説を書いています。時々はおいしい珈琲店や日々のつれづれも……(⋈◍>◡<◍)。✧♡あわただしい日々の中で、桜さくら堂にちょっと寄り道して、ひと休みしてみませんか?💛

細胞のゴミを捨てましょう

f:id:sakurado:20201212084100j:plain

前回に引き続いて、

今回は 細胞のゴミ につてです。

何、それ? って思いますよね?

 

人間が活動するエネルギーは、

細胞の中のミトコンドリア(細胞小器官)

でつくられます。

人間の体の約37兆個の細胞の1つ1つに

ミトコンドリアが300~400あって、

食事から吸収した栄養と、肺から取り込んだ酸素で、

エネルギー( ATP ) がつくられます。

 

細胞のゴミというのは、

故障したミトコンドリアや異常なたんぱく質、

劣化した細胞などです。

この細胞のゴミがたくさんたまると、

老化のスピードを上げたり

エネルギーの生産のじゃまをしたり

いろいろと身体に良くないようです。

ゴミだらけっていうのは、家だけじゃなくて、

人間の体でもすご~く悪い影響が出てしまいます。

 

人間には、この細胞のゴミを掃除する

オートファジー(Autophagy) という機能があります。

オートファジーは、

人体の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせる

いわば体内の掃除システムのようなものです。

ノーベル生理学医学賞を受賞した大隅良典栄誉教授

研究テーマになっています。

細胞が新しく生まれ変われば、

NK(ナチュラル・キラー)細胞の活性も高まります

NK細胞:がん等の腫瘍細胞を攻撃したり、

     ウィルス感染細胞を排除する細胞。

 

100歳以上のご長寿は、

オートファジーの基礎レベルが高かったという

研究結果が出ています。

細胞のゴミがたくさんたまっていると、

年齢よりも老けて見えたり、清潔感がない印象がありますが、

ゴミが少ないと、

若々しく肌も透明感があってきれいになってきます。

それに病気にもかかりづらくなります。

オートファジーの基礎レベルを上げておくのは、

とても大事なことですよね。

 

そこで、細胞のゴミを捨てて、

オートファジーを活性化させる方法についてです。

 

1.決まった時間に寝る。

 

  オートファジーは、深夜から早朝にかけて最も高まります。

  昼間は胃や腸や筋肉などが活動してゴミができて、

  夜にオートファジーが清掃するというイメージです。

  この活動と清掃が、一定のサイクルで行われています。

  寝る時間がバラバラだと、

  オートファジーが上手く機能しないので、

  体にゴミがどんどんたまってしまいます。

 

2.プチ断食をする。

 

  東京医科歯科大学・水島教授の

  「オートファジーの謎」によれば、 

  最後の食事を摂ってから、食後12~16時間後に

  最も活性化します。

  例:1日のうち8時間しか食事を摂らないプチ断食を

    週1回するといいそうですよ。

    夜5時頃に夕食、朝9時頃に朝食とか。

  断食すると、肌がきれいに若々しくなる。

  暴飲暴食や睡眠不足:実年齢より老けて見えたり、

  清潔感のない印象になってしまいます。

  細胞にゴミがたまってしまうからでしょうか。

 

3.運動をする。

 

  適度な運動習慣のある人は、

  やたらと若々しくて、

  肌もツヤツヤしている人が多いですよね。

  運動によって、オートファジーがONになって、

  細胞のゴミが少ないのが原因でしょう。

  運動とプチ断食では、オートファジーは、

  運動(サイクリング1H) 〉 断食 (36H)

  という研究結果が出ています。

 

(*^。^*) みなさん、どうでしょうか?

やっぱり、規則正しい生活と運動と、

食べ過ぎないということでしょうか。

昔から言われているあたり前のことが、

最新研究で裏付けされたということでしょうか?

 

みなさん、

この年末は家の大掃除といっしょに、

細胞のゴミを捨てて、若々しさを手に入れましょう。