桜さくら堂

みなさま こんにちは! 🌸桜さくら堂です🌸 訪問して、ちょっと良かったな ^^♪  と思えるような安らぎとお役立ちサイトをめざしています (⋈◍>◡<◍)。✧♡      よろしくお願いします💛

介護費用を安く抑える方法【小規模多機能型居宅介護】ケアマネの提案

介護でなによりもつらいのは、ストレスの蓄積とお金の問題ですよね。

体力も時間もお金もふんだんにかけられるのは、

一部のすごく恵まれた人だけでしょう。

 

愛情がないからお金をかけないのではなくて、

かけたくてもかけられないのが実情ではないでしょうか?

 

もう無理! って、何もかも投げ出してしまう前に、

小規模多機能型居宅介護を利用して介護費用を安くする方法を

ケアアマネージャーの経験から提案しますね。         

                      

      f:id:sakurado:20210602091454p:plain

f:id:sakurado:20210528090851p:plain
 

 

 

通所・訪問・宿泊の3つの機能がある小規模多機能型居宅介護は、別々で利用するよりも安く利用ができます。

 

小規多機能型居宅介護とは

 ◆地域密着型サービスで、1つの事業所で通所介護と訪問介護と短期入所のサービスを提供してくれます。

◆利用料金は1か月ごとの定額制になっています。

◆24時間365日、利用回数の制限がなく臨機応変に対応してくれます。

定員数に決まりがあります。

事業所の登録定員数:全体で29名以下

通所介護:1日あたり、18名以下

短期入所:1日あたり、9名以下

平成27年4月改定による

  3つのサービス内容

通所介護(デイサービス)

通常のデイサービスと違って、入浴のみなど必要な時間のみ利用ができます。

訪問介護(ホームヘルプ)

時間や回数を気にすることなく、必要な時に必要なケアを受けることができます。

急な対応も可能です。

短期入所(ショートスティ)

デイサービスからそのままショートステイで宿泊することもできます。

本人や家族の都合で、急な宿泊も可能です。

メリットとデメリット

 メリット

◆利用者が少人数で通所介護、訪問介護、短期入所のすべてを同じ事業所で行うため、利用者の状況をよりよく把握し柔軟に対応をしてもらうことができます

◆定員数の決まりさえ守れば、24時間365日利用回数の制限なく利用することができます。

月額定額制のため、介護保険の限度額からはみだす心配がありません。

◆職員と顔なじみになれるため、環境の変化が苦手な人や認知症の人も安心して利用ができます。

◆本人の状態の変化や家族等の都合に合わせて、急な利用や中止など柔軟に対応してもらえます。

デメリット

ケアマネージャーを変更する必要があります。

小規模多機能型居宅介護の事業所は事業所に所属のケアマネージャーに変更する決まりになっています。これはサービス内容の変更など事業所内で臨機応変に対応する必要があるためです。 

併用できるサービスに限りがあります。

居宅介護、訪問介護、訪問入浴介護、デイケア、デイサービス、ショートスティなどは利用できません。これらは基本的に小規模多機能型居宅介護でカバーできると考えられているからです。

訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具貸与、住宅改修などは利用ができます。

利用定員数を超えていた場合は利用できないこともあります。

◆10回以下の利用やショートステイを多く利用するなど、利用の仕方によっては割高になる場合があります。

◆1つの事業所が3つのサービスを行っているため、どれかに不満があった場合に訪問介護だけをとか部分的に事業所を変更することができません

 

f:id:sakurado:20210602092614j:plain

主な費用 

要介護1:10,423単位で104,230円、1割負担の場合10,423円が基本料金になります。

要介護3:22,283単位で222,830円、1割負担の場合22,283円が基本料金になります。

これに加算と食費、宿泊費、おむつ代などが加わります。

 

利用条件と利用方法

利用条件

地域密着サービスなので、小規模多機能型居宅介護の事業所がある場所と同じ市区町村に住んでいる方が対象となります。

利用方法

担当のケアマネージャーがいる場合は、担当のケアマネージャーに相談してください。

いない場合は地域包括支援センターに問い合わせをするか、直接小規模多機能型居宅介護の事業所に問い合わせてみてください。

 

f:id:sakurado:20210503120441p:plainいかがでしたか?

今回は小規模多機能型居宅介護についてでした。

以前、介護老人保健施設に入所されている脳梗塞後遺症の方の担当を頼まれたことがありました。

リハビリをして要介護1~2になる見込みでしたが、回復が芳しくなくて要介護4で老健を出ることになりました。車椅子を使い日常生活全般で介護が必要でした。

ご家族は朝早くから仕事に行かなければなず介護ができないため、結局、小規模多機能居宅介護を選択されました。

 

小規模多機能型居宅介護は利用が少ないと割高になってしまうので、どちらかというと介護度が重い方に向いているようです。

また認知症で環境の変化に弱い方や家族の仕事が忙しく介護が出来ないけれど自宅で生活をつづけたい方にも良いでしょう。

 

 

 

毎日スッキリ!を応援する認知サプリ

こちらは認知症予防のためのサプリメントです。

 

日本中・世界中から伊勢丹のスタイリストがセレクトした商品を、 皆様のご自宅へお届けするサービス“ISETAN DOOR”。 毎日の暮らしを豊かにする、新しい発見をお届けいたします。 ボリューム満点のおためしセットは、1980円と気軽な価格でご紹介。 お届けも無料となっておりますので是非この機会にお試しください。 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HBTFU+2Z61O2+41G4+BXB8Z

f:id:sakurado:20210528090851p:plain

 

 f:id:sakurado:20210326161259p:plain f:id:sakurado:20210531081439p:plain

 

「なりたい自分」になる一番いい方法の本は、

仕事帰りにぶらっと立ち寄った本屋さんで出会いました。

本は友人みたいなものだから、

いい本を見つけると、いい友人に出会ったようにワクワクします。

近くに本屋さんがあるって、ステキなことですよね(*^^)v

 

さて今日は、「なりたい自分」になる方法はちょっとお休みして、

再び介護費用の話です。

 

 
いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

こちらはコロナ支援の一環になります。

旅行や食事などの自粛でさまざまな食品が捨てられています。フードロスの支援をお願いします。  

【ロスオフ】でフードロス支援!