桜さくら堂

みなさま こんにちは! 🌸桜さくら堂です🌸 訪問して、ちょっと良かったな ^^♪  と思えるような安らぎとお役立ちサイトをめざしています (⋈◍>◡<◍)。✧♡      よろしくお願いします💛

優しすぎる介護者のためのくたびれないケアプラン②介護拒否の対処法

あなたが介護を引き受けているのは、

身内だからとか縁がある人だからというよりも、

きっと困っている人をただ黙って見ていられなくて

助けようとしたのでしょう。

 

だけど本人が、「人さまの世話にはなりたくない」

って言い張って、ほとほと困り果てているのではありませんか?

f:id:sakurado:20210624104618p:plain

そんな介護者のために、ケアマネージャーから、

介護者のためのケアプランを提案できればと思いました。

あれ? 

「ケアプランって、介護される人のためのものでしょ」

って言われるかもしれません。

でも、介護者が元気でないと、ケアプランはうまく機能しません。

もっと言えば、介護者が幸せでなければなりません。

そのための提案なんです。

まあ、1人くらい、介護者のためのケアプランを考えるケアマネージャーがいてもいいではありませんか。

 

f:id:sakurado:20210623110844p:plain

 

ご利用者さんのお宅を訪問すると、

 昼も夜もがんばっていらっしゃるご家族にお会いします。

そして、介護保険でのサービスをすすめても、

「人さまの世話になりたくない」

「あなたに世話してもらえるから、必要ない」

と言って、本人がなかなか納得しないことがよくあります。

そんな介護者のあなたは、もうへとへと・・・

 

f:id:sakurado:20210624104911j:plain

 

私が担当していた90歳超えのAさんは、同じ高齢の奥さんとの2人暮らしです。

Aさんの方は脳血管障害で片麻痺があります。奥さんは時どきめまいがあるとのことでした。

昼間は足を引きずりながらも手すりや家具につかまって、なんとか廊下にあるトイレまで行っていますが、夜間は転倒のリスクが高いので、オムツを使用していました。

尿量が多く朝までもたないので、夜間に高齢の奥さんが取り替えをしていますが、時どきもれがあってびしょぬれになってしまいます。その後始末や洗濯も高齢の奥さんがやっています。

 

 それで夜間のトイレのために、ベッド脇にポータブルトイレを置くことをすすめましたが、「そんなもの置くのは、ぜったい嫌だ」と言います。

また、訪問介護による介助も「これ(高齢の奥さん)がやってくれるから、いらない」と断固拒否します。

 

このままだと、共倒れになってしまいますよね・・・

 

介護の大前提は、本人が嫌がることをしないことです。

でも、時と場合によっては、本人が嫌がることもしなければなりません。 

だけど、なるべく嫌な思いを少なくする工夫も大事です。

本人が嫌がらないような、上手な言い方をしてみましょう。

  • 特別キャンペーンで、今回だけ1割の費用でお手伝いしてくれる券が当たったからためしにやってもらおうかな。使わないとソンしちゃうから。
  • 福祉の人が高齢者のようすを見に来ることになったらしいのよ。
  • 私の具合が悪いから、1日だけガマンしてね。
  • 今日は病院のつきそいができないから、介護の人に送り迎えをお願いしたよ。
  • お風呂に入る時だけ、手伝ってもらおうかな。

≪デイサービス≫

デイサービスだと、「老人ばかりだから嫌だ」「あんな子供みたいな遊戯をしたくない」と言ったりしますよね。

  • あのデイサービスは温泉が出るらしいよ。
  • おばあちゃんはお話上手だから、デイサービスのお年寄りの話し相手になってあげてね。
  • 将棋ができる人がいないから、将棋ができる人を探しているそうだよ。
  • (民家のような小規模のデイ)遊びに行ってみたら?
  • (特に男性に)リハビリの専門家やいろいろな器具がそろっていて、いい運動になるみたいだよ。

などなど。

 

高齢者は新しいことや知らない人が苦手なので、少しずつ慣れてもらって、すでに知っていること知っている人になってもらうと、その後は「あの人ならいいよ」と受け入れてくれたりします。

 

f:id:sakurado:20210503120441p:plain 介護者のためのプランとして・・・

 

嘘も方便です。本人が納得しやすい説明をして、少しずつ介護の人に手伝ってもらいましょう。

 

にしてみました。

いががでしょうか°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

ところで、

だるまさんが転んだ」という遊びを知っていますか?

鬼が後ろを向いている間に、

ちょっとずつ、ちょっとずつ動いて、

いつか目的の所まで行ってタッチする遊びです。 

そんなふうに少しずつ介護の人に手伝ってもらって、本人に慣れてもらうという方法が案外上手くいったりします。

 

上記のAさんは少しずつ慣れてもらって、今は「〇〇さんと△△さんならいいよ」と、2名のヘルパーさんを名指しで受け入れてくれるようになりました。

 

いろいろ工夫して、

介護が少しでも楽になることを願っています。

 

 

 

日本中・世界中から伊勢丹のスタイリストがセレクトした商品を、 皆様のご自宅へお届けするサービス“ISETAN DOOR”。 毎日の暮らしを豊かにする、新しい発見をお届けいたします。 ボリューム満点のおためしセットは、1980円と気軽な価格でご紹介。 お届けも無料となっておりますので是非この機会にお試しください。 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HBTFU+2Z61O2+41G4+BXB8Z

 

f:id:sakurado:20210514111629p:plain

 

 f:id:sakurado:20210326161259p:plain f:id:sakurado:20210531081439p:plain

 

 
いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

こちらはコロナ支援の一環になります。

旅行や食事などの自粛でさまざまな食品が捨てられています。フードロスの支援をお願いします。  

【ロスオフ】でフードロス支援!