桜さくら堂

みなさま、こんにちは!🌸児童文学を中心にして、絵本やYA、一般の書籍の感想や解説を書いています。時々はおいしい珈琲店や日々のつれづれも……(⋈◍>◡<◍)。✧♡あわただしい日々の中で、桜さくら堂にちょっと寄り道して、ひと休みしてみませんか?💛

万年筆で文字を書くのにハマっている・・・たった1つの理由

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

私は文字を書くのが好きだ。

そして、自分が書いた文字も、好きだと思う。

 

小学校に入ったとき、私は自分の名前が書けなかった。

他の子は、だいたいみんな書けていたようだった。

たぶん、前もって学校から、『自分の名前が書けるようにしておいてください』というお知らせがあったのかもしれない。

あるいは幼稚園や保育園で、先生に教わるとか。

 

残念なことに、毎日働きづめだった母から、文字を教えてもらえなかった。

母は生活費のほかに、父の入院費用まで稼がなければならなかったのだから。

とうぜん幼稚園や保育園にも行っていなかった。

私は毎日、自由だった。

つまり、ほったらかしにされていた。

 

学校で使ういろんな文房具にも、名前が書いていなかった。

そして、数を数えたりするときに使う小さなおはじきや細いぼうをなくして、私のだけ、『名無しのゴンべさん』といわれて恥ずかしい思いをした。

 

ひらがなを学校で覚えた。

みんなはもうすでに、名前だけじゃなく、ひらがなくらい書けるようになっていたから、こくごのひらがなの授業が進むのが、すごく早かった。

「あ」から始まり、自分の名前ぜんぶ習うには、ひらがなの後ろのほうの文字が、2つ入っていた。

そういう時に、絵とか算数とかの提出物があったら、となりや前や後ろの子に、「書いて」とたのんで、自分の名前を書いてもらっていた。

 

ひらがなを全部習い終わる前に、なんとか自分の名前が書けるようになった。

うれしいというより、これでようやく、みんなと同じスタートラインに立てたと思った。すでに夏休みになっていた。

 

小学3年のとき、広い通路があるところが私たちのクラスの掃除の担当になった。ここには学年全部のお知らせなどが貼ってあって、みんなが見るところだった。

ここに「書きとり」の上手な子のお手本が、1枚張られてあった。

「なんて上手いんだろう」と思った。お掃除の時間には、いつもほれぼれとながめていた。

f:id:sakurado:20211018072319p:plain

 

中学になったとき、その子と同じクラスになった。やっぱりその子の字は、整っていて美しかった。

休み時間に5~6人で集まって、わいわいと他愛もないことを話していたら、その子の字が上手いという話になった。

その子は、小さいころから、習いに行っているのだと言った。

 

さんざん誉めたあと、

でも、誰だって、自分の名前だけは、その子よりも上手く書けるね、となった。

1人1人書いていって、並べてみると、確かにそうだった。

その子の字は上手いけれど、自分で書いた自分の名前だけは、だれでもみんな、その子に負けずに上手く書けていた。

私にも、みんなが書いてみてと言った。私は書いた。とうぜん、みんなは私の方が上手いというと思ったのだ。

ところが、私が書いた自分の名前だけは、その子の方が上手いとなった。

そうだね、と言って、私はへらへら笑っていたように思う。

 

だけど、その日、その瞬間から、私は美しい文字を書きたいと、心の底から思うようになった。

家に帰ってすぐに、もう一度、ていねいに自分の名前を書いてみた。何度も書いてみたけれど、気に入らなくて破いて捨てた。

相変わらず習いには行けなかったが、安い書きとりの本を買ってきては練習をくり返した。そうやって、いつでも、常に、美しい文字を書こうと心がけてみた。そして、いつしかそれが習慣になっていた・・・。

 

それから長い年月が過ぎて、ある日、義母がこう言った。

「〇〇さんの字が上手いのは、遺伝ね」

実母は、右上がりの角ばった字を書く人だった。

実父の字は、見たことがない。なぜならずうっと入院したまま、逝ってしまったのだから。

私の今の文字は、長い歳月の積み重ねでやっと獲得したものだということを義母にわかって欲しかったけれど、

「みんな、そうだもの」と言って、反論をする余地がなかった。

 

どうなんだろう、私が書く文字は美しいだろうか。

 

上手いも下手も相対的なもので、評価はいろいろだと思う。

ただ、私は自分が書く文字が好きなのだ。

万年筆で書く文字は特に・・・。

f:id:sakurado:20211018072715p:plain


10年前はボールペンばかり使っていたけれど、今はこうして万年筆で文字を書くことを心の底から楽しんでいる。

 

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plain みなさん、こんにちは。いつもご訪問をありがとうございます!!

万年筆にはいろいろな色を入れて楽しんでいますが、

今日はモンブランの Irish Green を使ってみました。

この深い緑はいい。

こういう深い緑は、森の中を歩いているような気分にさせてくれる

・・・もちろん、言葉の森だけれど。

 

 クリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

こちらはコロナ支援の一環になります。

旅行や食事などの自粛でさまざまな食品が捨てられています。フードロスの支援をお願いします。  

【ロスオフ】でフードロス支援!