桜さくら堂

みなさま、こんにちは!🌸お家カフェで寛ぎながら、開運や本の話、レジン製作や絵画、植物、お出かけ情報など盛りたくさんの話で、いっしょに気分転換しましょう。     (*˘︶˘*)常連客(読者登録)になってくださいね💛

パイロットボトルインク【翠玉】sui-gyokuと水森亜土/紹介・感想・レビュー

パイロットのボトルインクiro shizuku【翠玉】sui-gyokuをご紹介いたします。

これです↓↓↓

 

 

ブルーとグリーンを混ぜたような色合いで、ピーコックブルーかピーコックグリーンのような色です。

和名の色だと、浅葱(あさぎ)色に近いでしょうか。

今回はこのパイロットの翠玉で、水森亜土さんの漫画を描いてみました。

どうでしょうか?

 

翠玉で描いた水森亜土さんの絵・・・(約10分)

 

かっわいいですね。

 

小学2年生の頃、クラスメートで水森亜土さんのマンガを上手く描く子がいて、クラス女子で人気№1だったんですね。

みんなが自由帳とか下敷きとか持ってきて、描いて♥、描いて♥って言ってね。

私はオバケのQ太郎を描いて、人気№2止まり。

たまにちょろっと、私にも描いて♥って言ってくる子もいましたけどね。

まれにですよ。

 

オバQを描いたのは、単に描きやすかったからです。藤子不二雄のマンガのなかでも、最も描きやすいんじゃないでしょうか?

水森亜土さんも描きやすいんですよね。サラっと描ける。

 

その子は水森亜土さんを描こうと思って練習を始めました・・・

私はオバQを描こうと思って練習を始めました・・・だけど、

そもそも水森亜土さんのマンガは女子にとって断トツでかわいかったから、オバQでは勝てっこなかったんですね。

描き始めた時点で、すでに負けていたのです。

水森亜土さんに勝てるとしたら、「ひみつのアッコちゃん」か「キャンディ・キャンディ」くらいじゃなかったかな。

あれはまだ、上手く描けなかったんですね。( ´∀` )

 

やっぱり今見ても、

水森亜土さんの漫画は、かっわいいですねぇ♥

うふふ。

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plainみなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

8月15日の誕生花

向日葵🌻ヒマワリ

頭脳明晰で人身無垢な人です。

頭の回転がとても速い人です。

人から頼まれるとうれしくなり、必要以上のパワーを出します。

周囲とのつながりの中で成長していきます。

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

 

 

 

 

スティーブン・キング『小説作法』感想・レビュー

昨日は体調が悪かったので、ふと目に止まった本を手に取って読んでいました。

運良く数か月前に断行した書籍断捨離から免れた本、

スティーブン・キングの『小説作法』です。

 

スティーブン・キング・Stephen King/文章作法/池央耿Hiroaki Ike訳/アーティストハウス

 

これは私のスティーブン・キング時代に読んだ本でした。

スティーブン・キング時代?と思われるかもしれませんが、特にハマっていた時代と思って差し支えありません。

若い頃から歴史小説時代、芥川龍之介時代・・・とまあ、色いろなハマった時代があったわけです。もちろん、それ以外も読んではいますよ。

 

前半は彼の糞のような(スティーブン・キングに言わせれば)生い立ちが綿綿と書かれていました。まあ、歯に衣を着せない表現です。

当時はワタクシも元気いっぱいでしたから、凄いなというくらいで読み飛ばしてしまったのですが、こんなふうに体調を崩して読んでいると、「ああ、私の方がまだマシかも」という妙な癒しがありました。

生い立ちから家族のことや親戚、学校生活から小説家として成功するまでが赤裸々に書かれているのですが、彼が得意とするホラーはどうにも共感できなかったのでした。

とはいえ、スティーブン・キングが書く作品は、ゾクゾクして読んでいたのですから、矛盾してもいるのですが。

 

後半は、文章とは何かからの文章作法が詳細に書かれています。

彼はアメリカ人ですから、たとえば、

 

アメリカ英語の分法は、イギリス英語のように荘重には出来上がっていない。

 

云々・・・と書かれてあったのを読んで、あれ、これから英米文法の違いを述べるのかい?と失望しかけました。

しかし、よく読んでみれば、米語で書こうと日本語で書こうと、小説作法は同じであるということがわかりました。

 

さらに言えば、文章作法にいたっては、構想から描写、会話や人物造形、そして推敲に至るまで微に入り細にわたり胸のすくような言葉が惜しげもなく並べられています。

スティーブン・キングはこの『文章作法』で、生活と戦い家族を愛し、真摯に作品と向き合ってきました。彼はこう言っています。

 

 これを真面目に受け取ってくれる読者とは話ができる。真面目には受け取れず、また、その気もない向きはこの先を読んでも無駄だから、本を閉じてほかのことをしたほうがいい。

 車でも洗ったらどうだろう?

 

この本をよく理解もせずに長い間放置(いつものホッタラカシ)にしていたことを深く反省しているのですが、断捨離警察に突き出さなかっただけでも自分を誉めてやりたいと思います。

 

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plainみなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

ちなみにワタクシ、体調は良くなりましたが、続けて10回位スティーブン・キングの『文章作法』を読まねばと思っています。

 

8月14日の誕生花

マロウ

あり余るエネルギーの持ち主です。

自由で壮大な考え方をする人です。

行動力もあり、興味があると次つぎと手をつける傾向があります。

唯一のものを見つけると強い人です。

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

 

 

 

2022年8月11日(木)プレバト・ランキング俳句部門

お題 金魚すくい

                      ー敬称略ー

夏井いつき選

MC:浜田雅功/アシスタント:清水麻椰(MBSアナウンサー)

 

第1位 初登場 植田紫帆 71点 才能アリ

次こそはと 捲くる浴衣に はぜる水

 

第2位 乃木坂46 鈴木絢音 35点 才能ナシ

琉金の 絵ハガキ二枚 かき氷

琉金:夏の季語

添削:絵はがきを買う 琉金と かき氷

 

第3位 石塚英彦 30点 才能ナシ

夏祭り 金魚に心 すくわれて

 

添削:生き難き時代 金魚は いきいきと

 

第4位 初登場 望月理恵 10点 才能ナシ

秋ちかし 予期せぬ家族 赤い君

 

添削:あっさりと 家族となりし 出目金魚

 

昇格試験

 

特待生5級 犬山紙子

私のいない部屋 長生きの金魚

 

昇格試験のポイント:口語表現を選んだ是非

結果:1ランク昇格⇒特待生4級に

理由:口語が正解

 

名人10段★なし Kis-My-Ft2横尾渉

浄水場の金魚 懐メロのサビ

 

昇格試験のポイント:浄水場を選んだ是非

結果:🌟1つ

理由:季語の金魚への新たな気づき

 

名人10段★★★ FUJIWARA藤本敏史

金魚鉢 金魚のいなくなる 屈折

 

昇格試験のポイント:「いなくなる」の描写の是非

結果:🌟1つ前進

理由:色んな意図に基づいて、吟味して作ったとわかる句

 

YUYUの勝手に参加コーナー(*^^*)

 

金魚すくい 的屋が睨める 九匹め

 

何処で覚えたのか、それとも、もともと筋がいいのか、子供が小学生の頃、スイスイ上手~く掬うんですね。

調子に乗って掬っていたら、最初はにこにこしていた的屋のおっちやんも、だんだん怖~~い顔になって睨んできて、

「おじょうちゃん・・、もうその辺にしときな」って、声は柔らかだったですけどね、

「あ、はい」って退散しました。

楽しい縁日が、裏の顔をちらりとのぞかせます・・・という句です。

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plainみなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

8月13日の誕生花

アカンサス

直観力で鋭い判断をする人です。

他人とは違った視点から物事を見る人なので、周囲が混乱している中で冷静です。

誠実さと直観力の持ち主なので、信頼も厚いです。

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

 

 

 

 

 

 

幻想世界13か国語〖ネーミング辞典〗感想・レビュー・紹介

この本に出会ったのは、書店ではなく、ましてや図書館でもない。

出先のコンビニでした。

コンビニ・・・❕

まさしく、魔導書らしい出会いでした。

 

 

そして、もはやそのコンビニに今後の人生で行くこともないであろう、まさに一期一会のようにして、この本がワタクシの手元にやってきました。

 

今回のおすすめの本は、ネーミングにご苦労されている方々のための実用書です。

ネーミングにも色いろあります。

ブログのネーミングやサークルのネーミングなど、多種多様のネーミングがありますが、その中でも不思議世界、つまりファンタジーやSFを作る上では欠かせないのがふさわしいネーミングです。

 

たとえばファンタジーを書くとして、その物語に最初に命を吹き込むのは、やはりキャラクターのネーミングです。

たぶんですが、当ブログにご訪問いただいている方のなかにも、相当数の書く仲間がおられるのではないかとふんでいます。

かくゆうワタクシも、その1人。

 

ついついブログ書きに走ってしまう傾向がありますが、日々、悪戦苦闘しながらワタクシ、ファンタジーを書いております。

しかし、ネーミングだけ考えて何日も経ってしまうということがよくあります。

あなたはそんなこと、ありませんか?

 

このネーミング辞典は、第1章の幻想~戦闘、道具、時空、形質、社会、人間、そして第8章の自然までに分かれています。

幻想であれば、さらに細かく、魔法、モンスター、宗教、神・悪魔と枝分かれし、さらに魔法がそれぞれ、文様、魔術書、魔法、妖術、錬金術、魔法使い、魔女・・・・・という単語になっていきます。

その単語を、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ラテン語、ロシア語、ギリシャ語、アラビア語、ヘブライ語、中国語、エスペラント語で、文字と読み方が書いてあります。

 

スバラシイですね。

これを紐解けば、もうネーミングに悩むことはありません

・・・・とまではいきませんが、半減くらいはすることでしょう。

 

 

わが家の周りにコンビニが3つありますが、ワタクシ、実はめったにコンビニに足をふみ入れることはありません。

ましてやたった1度だけ立ち寄った遠方のコンビニで、たまたまこの〖ネーミング辞典〗がラックに1冊だけあって、目に止まったのでした。

こうゆうことは、まさに奇跡中の奇跡とか言いようがありません。

 

と、ちょっと盛ってみました(*'ω'*)テヘ

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plainみなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

8月12日の誕生花

 

夾竹桃(キョウチクトウ)

天性の愛されキャラです。

包み込むような優しさが周囲を癒します。

知性と品性があり、愛嬌もあるので多くの人を惹きつけます。

美的センスにも優れています。

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

 

 

 

 

8月11日の誕生花・乙女百合(おとめゆり)を描いてみました。

乙女百合(おとめゆり)


8月11日の誕生花からの占いメッセージ

 

自分の心にウソをつかない正直な人で、自由こそが人生のテーマという人です。

考え方も自由奔放なので、周囲を驚かせます。

どんな人も受け入れる寛容さを持っています。

 

乙女百合(おとめゆり)姫早百合(ひめさゆり)

ユリ科ユリ属

原産地:日本

もともとは新潟県、福島県、山形県の山だけに自生していた日本固有のユリです。

自生のユリは、絶滅危惧種に指定されています。

小さくて控えめな淡いピンク色の花の姿を「乙女」に見立てて、「乙女百合」と名付けられたとのことです。

 

 

急行「北極号」/絵本・童話/感想レビュー・あらすじ/C・V・オールズバーグ/村上春樹訳

真夏に真冬のお話なんてどうかなぁ・・・

とも思ったのですが、いいお話だし、

心の「かき氷」のような効果があって、涼しくなるかもしれませんよ。

涼しいというよりも、涼やか・・・でしょうか。

 

急行「北極号」・・・降りしきる雪のなかの蒸気機関車です。黒い鉄の塊は、なんて冷たそうなのでしょう。

扉を開けると・・・

サンタを待つ少年のもとにあらわれたのは、白い蒸気につつまれた謎めいた汽車。

その名は―急行「北極号」。

 

語り手は、大人になったぼくです。

 

友だちは「サンタなんて、どこにもいないんだよ」と言っていたけれど、ぼくはサンタの鈴の音が鳴り響くのを耳を澄ませて待っていたのです。

 

夜が更けてやって来たのは、サンタではなく、蒸気機関車でした。

蒸気機関車のなかは子どもがいっぱいで、車掌はぼくを乗せると、やせたオオカミがいる暗い森や高い山々を越えていき、やがて北極点に着きました。

 

この辺りを読んでいると、ふと宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を思い出ました。

北極点ではたくさんの小人たちが子供たちに渡すプレゼントを作っているのです。

「さて、きみはクリスマスのプレゼントに何がほしいのかな?」

サンタがぼくにたずねました。

 

ぼくがクリスマスでいちばんほしいのものは、サンタの大きな袋のなかにははいっていない。

ぼくがなによりもなによりもほしいのは、サンタのそりについた銀の鈴なのだ。

 

ぼくはトナカイの鈴をもらって、「北極号」にもどりましたが、ポケットのそこには穴があいていて、銀の鈴はなくなっていました。

夢だったのでしょうか。サンタにもらった鈴も、北極点へ行ったことも。

でも、翌朝目覚めると、ツリーの後ろに小さな箱があって、その中に銀の鈴がはいっていたのでした。しかも、

「これをそりの座席でみつけたよ。ポケットの穴は縫ってたほうがいいね」(サ)という手紙まで入っていたのです。

 

ぼくが鈴をふってみると、素敵な音がして、妹にも聞こえました。だけど、お父さんやお母さんには鈴の音が聞こず、鈴が壊れているというのでした。

この銀の鈴の音は、象徴なのです。

それは純真な子供だけに聞こえる音かというと、そうでもなく、物語の最後の最後のページに作者はこんな言葉を書いています。

 

昔、ぼくのともだちはだいたいみんな、その鈴の音を聞くことができた。

でも年月が流れて、彼らの耳にはもう沈黙しか聞こえない。サラだってそうだ。

彼女はあるクリスマスの朝に、その鈴を振ってみたのだが、もうあの美しい音は響かなかった。

ぼくはすっかりおとなになってしまったけれど、鈴の音はまだ耳に響く。心から信じていれば、その音はちゃんと聞こえるんだよ。

 

と、作者のC・V・オールズバーグは、もうほとんど答えを言っていますね。

たいへんわかりやすい絵本です。

 

「科学的に証明したら信じる」と、大人は言います。けれど、そういうものは「信じる」とはいわないのです。それは単なる科学的な常識です。

「信じる」とは、目に見えないし、証明できないけれど、あると思うことなのです。

こうだったら信じるではなくて、信じるが先にあるのです。

人を信じる、神を信じる、友情を信じる・・・・

「走れメロス」という物語があるけれど、あれもそうです。殺されるために、彼は友のもとへ戻ってくると信じたのです。

 

無条件で、絶対的な信頼・・・これを信じるというのです。

 

未来を信じる。夢が実現すると信じる。このサンタというわかりやすい物語を通して、語っているのはそういうことなんだなと思いました。

この絵本〖急行「北極号」〗は、1986年、コルデコット賞を受賞しました。

 

この本を訳したのは、村上春樹氏です。彼はオールズバーグの本をはじめとして、たくさんの絵本を訳しています。

「おおきな木」シェル・シルヴァスタインなど、象徴的な話の絵本が多いでしょうか。

 

絵と文:クリス・ヴァン・オールズバーグ

1949年、アメリカ・ミシガン州生まれ。ミシガン大学、ロードアイランドデザイン学校で彫刻を学ぶ。

彫刻と絵画は、ホイットニー美術館や近代美術館に展示されている。

絵本作品に『ジュマンジ』ほるぷ出版、『西風号の遭難』河出書房新社など多数。

 


急行「北極号」 [ C.V.オールズバーグ ]

 

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plainみなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

(なんや、クリスマスとは気が早すぎるやんけ⇐いつものツッコミです)

「暑くて頭がおかしなってもうた。」

という言い訳のあれやこれや・・・

 

でも、ついこの間年が明けたと思ったら、もう8月。

12月まであと4か月しかありません・・・なので、あっという間ですよ。

(なんや、今度は開き直りやんけ⇐これもツッコミですね)

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

 

                                                                                               

 

ビンが砂でいっぱいだとしても・・・(*'▽')🌟

時間管理術はたくさんありますが、

その中でもなるほどと思って取り入れてみたのが、

これ⤵

 

あなたの人生というビンに、まず大きな石を入れましょう。

大きな石とは、人生で重要なものです。

次に中くらいの石を入れ、最後に些末な砂を入れましょう。

そうすれば、あなたの人生というビンは大きい石から小さい石まで効率よく入れることができます。

もし最初に砂を入れてしまったら、あなたの人生は砂でいっぱいになって、後から大きな石を入れることができません。

 

・・・というもの。

さらには、砂を入れた後に、水も入れることができますよ。

なあんてことを言う人まで出てきました。

 

これをやってみて、私はある日、ふと気がついたんです。

 

隅々までいっぱいになったビンを眺めてみて、

それを好きになれるかどうか、

ああ、素敵だと思えるかどうか・・・

そのビンを気に入って、部屋に飾れるかどうか・・・。

 

効率良くたくさんのタスクをこなして、大きな石から小さな石まで人生というビンにびっしりと入れたとして、それと満足感は別物なんだと気がつきました。

 

大きな石が大好きだったら、それを第一に入れてもいいのですが、

もしそうでなかったとしたら、まず好きなことをやってもいいのではないのだろうか。

むしろ、まず第一に、好きなことをやるべきなのです。

それが砂だったとしても、砂を最初に入れてもいいのではと思うのです。

 

砂だって色いろあります。

素敵な砂で、ビンをいっぱいにしてもいいのではないか。

重要か、重要でないかよりも、

好きか、好きでないか、

楽しいか、楽しくないか、

で選んで砂でいっぱいになった人生というビンも、なかなか素敵なことだと思うようになりました。

 

あなたのビンには、どんなものが詰まっているのでしょうか。

 

 

f:id:sakurado:20210326161259p:plainみなさん、こんにちは💛

いつもご訪問をありがとうございます。

 

出来ないのは当たり前、時間が無いのも当たり前、

何もかもこなすのは不可能ななかで、

1歩でも半歩でも前へ、前へと歩いていきたいものですね。

 

いつもクリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村