桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

『ジョジョの奇妙な名言集 荒木飛呂彦 集英社 』の感想

これは面白いですよ!

こんなうつうつとした雨降りの日に

Go To にも行けず

家でうつうつとした日々を送る人に

ぜひ読んでパアーッとした気分になってください

という本です。

いくつか名言を書き出してみましょう。

本ではマンガも付いていますよ。

 

「リアリティ」こそが作品に命を吹き込むエネルギーであり

「リアリティ」こそがエンターティメントなのさ。

 

「マンガ」とは想像や空想で描かれていると思われがちだが

実は違う。

自分の見たことや体験したこと、

感動したことを描いてこそおもしろくなるんだ!

 

ぼくは「読んでもらうため」にマンガを描いている!

「読んでもらうため」ただそれだけのためだ。

単純なひとつの理由だが

それ以外はどうでもいいのだ!

 

だが断る

この岸辺露伴が最も好きな事のひとつは

自分で強いと思っているやつに

「NO」と断ってやることだ!

 

君がどこで何をしようと

わたしは「無敵」になったんだ。

 

この味は!……

……ウソをついてる「味」だぜ……

 

おまえに味方する「運命」なんて……

おまえが乗れるかどうかの「チャンス」なんて……

今! ここにある「正義の心」に比べれば

ちっぽけな力なんだッ!

今 確かにここにある「心」に比べればなッ!

 

本当は一ぺんでいい事を2度言うのは嫌いなんだ

なぜなら……2度言うってのは無駄だからだ……

君の人生のために言うけれど……無駄はやめた方がいい

 

オレの心は「アポロ11号」だ

オレはおまえの上を行く

 

落ちつくんだ

「素数」を数えて落ち着くんだ

「素数」とは1と自分の数でしか割ることのできない

孤独な数字……わたしに勇気を与えてくれる

 

思い出のない人間は死人と同じだ

 

「結果」だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ……

近道した時 真実を見失うかもしれない

やる気もしだいに失せていく

大切なのは「真実に向かおうとする意思」だと思っている

向かおうとする意思さえあれば

たとえ今回は犯人が逃げたとしても

いつかはたどり着くだろう?

向かっているわけだからな……違うかい?

 

神父の求めているものは

その「偶然」だ!

 

男には地図が必要だ……

荒野を渡り切る

心の中の地図がな

 

「全て」を敢えて差し出した者が

最後には真の「全て」を得る

 

人は何かを捨てて 前へ進む

 

オレはこのSBRレースで いつも最短の道を試みたが

「一番の近道は遠回りだった」

「遠回りこそが俺の最短の道だった」

この大陸を渡ってくる間 ずっとそうだった

そして おまえがいたから

その道を渡って来れた

 

ジョジョの奇妙な名言集 荒木比呂彦著

 

(*´ω`*) いかがでしたか?