桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

神様の時間調整

今週のお題「怖い話」

f:id:sakurado:20200821093229j:plain 我が家の朝顔です~~(*^-^*)


京アニの事件、被害者の皆様にお悔やみを申し上げます。

多くの被害者のことを考えると

話して良いものかどうか迷っています。

でも、これが何かの誰かの参考なるかもしれないと思って、

話す事にしました。

なので、ある日、突然削除するかもしれません。

家族の話です。

実はその日、その時間、

本当ならば3階の会議室にいるはずでした。

大阪と京都に仕事があって都内から新幹線に乗ったのですが、

会社にお財布を忘れてしまったんですね。

それで会社に連絡して、

京都の某郵便局留めでお財布を送ってもらったのだそうです。

翌日の朝に、郵便局でお財布を受け取ってから、

京アニに行ったので、遅刻をしてしまったとのことです。

同行した人にさんざん謝りながら向かい、

京アニで受付をしていた時に、

一緒にいた人が、

「今、変なのが中へ入っていったから、いったん外へ出よう」

というので、外にいたら、

あの事件が起こったというのです。

もし、お財布を忘れていなかったら……

あの日、あの時間に3階の会議室にいて、

3階にいた人はみんな……

そのことを思い返す度に、

背筋がぞ~~っと寒くなってきます。

もし、お財布を送ってもらわなかったら……

もし、一緒にいた人が外へ出ようと言ってくれなかったら……

もしもは、いっぱいあります。

まるで作り話のような本当の話です。

現場にいた と 大丈夫だった の連絡が同時にきたので、

いたずらに心配せずに済みました。

ただその日の朝、何故か自宅の金色の竜の置物が落ちて、

私の足に当たって、ケガをしました。

その時、嫌な予感はあったのです。

 

斎藤一人さんは、こういうことは、

神様の時間調整だと言っています。

たとえば転んだ、

たとえば病気になった、

たとえば何かに失敗した、

たとえばお金を失くしたなどの

一見、不運だと思うようなことでも

本当は違うんだよ、

神様の時間調整なんだと言っています。

受験に失敗して希望した学校に行けなかったとしても、

そこへ行っていたらいじめにあっていたかもしれない。

望まない学校で、無二の親友に出会ったり、

将来の道が開けるってこともある。

もしも転ばなかったら、

その先で車とぶつかっていたかもしれない、

って言っています。

 

そういえば、よく献血をしたりしてたなあ……

大変な思いもいっぱいしてたよなぁ……

と、思うことはありますが、

いずれにせよ、 

神様のなさることは人知を超えていて、

よくわかりません。

とりあえず私も、

人のために何かしようと思う今日この頃です。