桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

認定調査の立ち合い

担当しているご利用者様の認定調査の立ち合いをしました。この方は通常の更新認定ではなくて、状態が変わられたことによる区分変更申請による認定調査になります。

 えっ、何それ? って思われるかもしれませんが、普通は認定の期間が切れるほぼ2か月前に、更新の申請をしてくださいねという連絡が市区町村から届きます。

 でも、その期間が長いので、その前に病気やケガで心身の状態が悪くなってしまうお年寄りの人も多いのです。そうですね、よくあるのは脳梗塞とか肺炎とか、転倒や骨粗しょう症による骨折、あと認知症の進行などです。そうなると今までの介護度では、十分な介護ができなくなってしまうので、もっと単位数の上限を上げてくださいね、というわけで区分変更申請をするわけです。最近は審査が厳しくなってきて、逆に軽い結果になることもあります。

 それにどういうわけか、普段は出来ないのに審査の時だけ出来てしまうご老人がよくいるんです。テンションが上がってアドレナリンがどどーっと出てくるんでしょうか、それとも格好をつけたいのでしょうか、よくわかりませんが、とにかく頑張っちゃうんです、その時だけ。質問にも、出来なくても出来るって応えるんです、なぜなんでしょうね。

 結果が届くとご家族様は「もっと悪いはずなんですが……」って首を傾げられたりして。よく誤解されるのは、介護保険の介護度っていうのは「病気や心身の状態が悪い」のを判定するのではなくて、「どの位介護が必要なのか」を判定するものなんです。なので、超ご高齢で重い病気があっても何でも出来てしまう人は軽い介護度になってしまいます。反対にお身体の状態がそれ程悪くなくても、拒否があったり暴れたり、徘徊とか、同じことを何度も言わないとダメだったりとか、すごく介護の手間がかかったりすると介護度が重くなったりします。でも、介護度が重ければいいってものでもなくて、たとえばデイサービス等は同じサービスを受けても、介護度が重いと料金が高くなったりします。

 私もたまに認定調査をすることがありますが、判断に迷う事もたくさんあって苦手な仕事の一つです。立ち合いはケアマネージャー以外にも、ご家族様や施設のケア長や施設長、ヘルパー等がやります。そこで「本当の日常はこうなんですよ」と補足するのも大事です。もし、ご家族で認定調査を受ける方がいましたら、ぜひ立ち会って本当の生活を伝えてくださいね。