桜さくら堂

いらっしゃいませ! 今日もあなたのために、とっておきのお話をご用意しました。

新型コロナ誰もがマスクつけて夏

またまた前回のつづきなんですが、

私はつねづね季語を覚えたいと思っていたので、

これから1日1季語を覚えてみようかな。

まず手始めに、歳時記の今の季節を開いてみました。

時候

【夏なつ】 三夏 九夏 朱夏 炎帝

立夏(五月六日ごろ)から立秋(八月八日ごろ)の前日までをいう。

新暦ではほぼ五、六、七月にあたるが、旧暦では四、五、六月。

三夏は初夏、仲夏、晩夏、九夏は夏九旬(九十日間)のこと。

朱夏は陰陽五行説で赤を夏に配するところから来た夏の異称。

炎帝は夏を司る神。

(=^・・^=) ふむふむ。さらに、

 

世の夏や湖水に浮かぶ波の上  芭蕉

 

とあります。

今日は、これを覚えましょう。

ついでに私も季語のを使って一句

 

新型コロナ誰もがマスクつけて

 

上五字余り、

マスク(冬の季語)と 夏 という季語が2つ、

マスクをつけてという当たり前の動作をあえて使いました。

どうでしょうか?

 

COVID19誰もがマスクつけて

 

の方がいいかな?

新型コロナ恐れマスクの夏初め

これは夏の次の季語で

【初夏しょか】 初夏 夏初め 首夏 孟夏

だそうです。

夏にみんながみんなマスクをつけるなんて、初めてのことなので。