桜さくら堂

みなさま こんにちは! 🌸桜さくら堂です🌸 訪問して、ちょっと良かったな ^^♪  と思えるような安らぎとお役立ちサイトをめざしています (⋈◍>◡<◍)。✧♡      よろしくお願いします💛

祝! 新成人 (*^。^*)

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

                                   f:id:sakurado:20210111012538g:plain

大人と子供との境目っていうのは、

自分にとっては

かなりあいまいな感じがしますね。

子供の頃から妙に冷めていたというか

現実的というか、

そういう部分もあったし、

まあ、環境が

子供っぽいことを許されなかったというか、

早く大人になることを望まれたっていう面もあるけども。

反面、

今でも子供じみたことにワクワクするし、

好きな物を入手したらうれしくて枕元に置いてたりするし、

雪国の人には不謹慎だけど、雪がふったら「わあ~っ」て思うし、

ふわふわした夢も抱えてるしね。

 

その時その時によって、

自分の中の「大人」の感覚は違うんだけど、

そして、これからも変化していくんじゃないのかな

って思うんだけど、今、自分で、

ちょっとは大人になったかなって思う瞬間っていうのは、

 

自分とは違う意見、考え方の人、

生き方の人も、

「あ、わかるよ、そういう考え方もあるよね」

って、認められるようになった時かな。

平常心で。

特殊な場合を除いてだけどね。

 

良いところも悪いところも、

ぜ~~んぶ、含めてなんだけども。

悪いって思うところは、

自分から見て悪く見えるだけであって、

その人にとっては良いことかもしれないし、

あるいは、

何かを「学んでいる」のかもしれない。

こういうことをしたら、どういう結果になるかっていうことを、

知識ではなくて、

身を持って体験しようとしているのかもしれない。

ある意味、すごいことですよね。

 

まだまだ未熟なんだけども、

もっと未熟で、自分に自信が無かった頃は、

自分とは違う意見や考え方の人を、

きっぱりと否定していたように思います。

たぶん、そうしないと、不安だったのかもしれません。

 

斎藤一人さんがいうには、

ライバルで、

相手の欠点を指摘している人は、

「ホッとする、まず大丈夫だと思う」

つまり、自分を超えないだろうという意味で。

相手を褒める人には、

「いつか負けるのでは」って思うのだとか。

相手の、こういうところが素晴らしい、すごいんだ

っていう人は、

それに気づける人は、成長していくのだそうですよ。

 

ある程度、自分に自信がないと、

なかなかライバル相手を褒められないですよね。

 

つまるところ、「大人」っていうのは、

 

みんな違って、みんないい

 そして、

あなたは、あなたのままでスバラシイ!!

 

良いところも、悪いと思うところも、

み~~んな含めて、あなたは完璧なんだ。

なぜなら、神さまがあなたを作ったのだから。

神さまがなさることに、失敗はないのだから。

 

ってことが、わかった時かなぁ~~?

 

(^O^) みなさん、どうでしょうか?