桜さくら堂

みなさま、こんにちは!🌸児童文学を中心にして、絵本やYA、一般の書籍の感想や解説を書いています。時々はおいしい珈琲店や日々のつれづれも……(⋈◍>◡<◍)。✧♡あわただしい日々の中で、桜さくら堂にちょっと寄り道して、ひと休みしてみませんか?💛

1日1杯脳のおそうじスープ☕解説・感想[第5章]レシピ

あなたは最近、頭の回転が鈍くなったように気がしませんか?

近年の研究では、「脳のゴミ」とよばれるアミロイドβたんぱく質が深~く関係していることがわかっています。

 

この脳のゴミを取り除くとこによって、

若い人は、記憶力のアップや集中力のアップにつながり、

そうでない人は、認知症の予防になります。

 

この脳のゴミを取り除いて、蓄積しないようにする成分を凝縮したのが、

この「脳のおそうじスープ」なのです。

 

f:id:sakurado:20210915113024j:plain 脳神経内科医 内野勝行院長著

1日1杯脳のおそうじスープ / アスコム

お題「我が家の本棚」

   f:id:sakurado:20210416095958p:plain

本書もいよいよ佳境に入ってまいりました!! きょうは、こちら↓↓↓です!

 

第5章 「脳のおそうじスープ」の素の作り方

 

1日1杯飲むだけで、脳がキレイに! 

 

材料(約8杯分)

トマトー大1個(約200g)

蒸し大豆・くるみー各50g

桜えびー10g

すりごまー大さじ3(18g)

ツナ缶(ノンオイル)ー2缶(140g)

塩ー小さじ1(6g)

中濃ソースー大さじ1(18g)

こめ油ー少々

 

f:id:sakurado:20210924120114p:plain 作り方

 

 

1.トマトをおろし金ですりおろす。

 

2.蒸し大豆とクルミを保存袋(大)に入れて、クルミを砕きながらもむ。

 

3.2に1と、その他の材料を入れる。

 

4.揉み混ぜてから平らにして、冷凍保存する。

 

※ナッツの食感が気になる場合は、めんぼうやコップの裏を使うと、より細かく砕きやすいです。

 

食べ方

 

1.冷凍保存したスープの素(60g)を割って、うつわに入れる。

 

2.熱湯(150ml)を注ぐ。

 

3.こめ油を少々たらして完成!

f:id:sakurado:20210916100904p:plain

💛毎日1杯は必ず飲み、最低3週間はつづける。

💛朝・昼‣晩の食事のときにかぎらず、小腹が空いたときに食べてもOK!

 1食わずか86㌔カロリー。

💛ナッツや大豆など、腹持ちのいい食材が入っているため、空腹感も解消する。

💛具材も残さず食べると、脳のおそうじ効果がアップ!!

 

食材は脳のおそうじをサポートする成分が豊富に含まれています。

しかも、どれもいつもの近くのスーパーで手に入るものばかりなのは、うれしいですよね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

すりごま:セサミン

活性酸素の除去をサポートするセサミンを摂ることができます。

DHAの酸化防止効果もあり。

 

蒸し大豆:ビタミンE、リン、ホスファチジルセリン

脳の活性化に欠かせない、ホスファチジルセリンやリンを摂れるうえ、抗酸化作用のあるビタミンEも豊富です。

 

ツナ缶:DHA、EPA、ビタミンB群

マグロからは血液サラサラ効果が確認されている良質な油の代表格であるDHA、EPA、ビタミンB群をたっぷりと摂ることができます。

ノンオイルのもののほうがDHAが多いので、おススメ。

 

トマト:リコピン、ビタミン

脳を錆びつかせて脳にゴミを溜める原因である「活性酸素」を除去する働きを持つ抗酸化成分とよばれる機能性成分に分類される「リコピン」のほかに、ビタミンもたっぷり含まれる食品です。

 

桜えび:アスタキサンチン、タンパク質

抗酸化力が高いアスタキサンチン、動ける体づくりに欠かせないたんぱく質も豊富です。

 

クルミ:α-リノレン酸

α-リノレン酸をはじめとした良質な油がたっぷり含まれています。

 

ソース:スパイス

スパイスや生姜などで作られていますが、スパイスの香りは記憶を司る海馬を活性化させます。香りもしっかりと楽しんでください。

 

こめ油:γ-オリザノール

γ-オリザノールを含む数少ない良質な油です。

ちょっとひと垂らしするだけでも十分です。コクと旨味もアップします。

 

f:id:sakurado:20210910110950p:plain

私はこれに、冷凍のきざみネギをぱらぱらと入れて彩りよくしています。

これはすぐに使えて便利です。

冷凍の野菜は他にもパクチーやほうれんそうやいろいろあるので、お好みの野菜を入れてみてはどうでしょうか?

 

↓↓↓それがこの1日1杯脳のおそうじスープになります。

f:id:sakurado:20210913105349j:plain


スーパーに売っている身近な食材を買ってきて、

混ぜて、お湯を注ぐだけで、

包丁も使わないで簡単にできて、

しかも、おいしいすごいスープなのです。

 

さて、先がもう待ちきれないという人のために、こちらの本をどうぞ。

もっと詳しく、スープの作り方も載っています。

他に、簡単アレンジメニューのレシピもあります。

この本には、脳のおそうじスープをベースにしたアレンジスープのレシピもたくさん載っていて、どれもおいしそうです。

  • ころころ鶏むね肉と納豆のおみそ汁
  • 牡蠣とほうれん草のミルクスープ
  • キムチチゲ風スープ
  • 玉ねぎのスープグラタン風
  • もち麦と豚しゃぶ肉の中華風スープ
  • きのことあさりのもぐもぐスープ

1家に1冊あってもいい常備薬、というか常備本になっています。


記憶力アップ×集中力アップ×認知症予防 1日1杯脳のおそうじスープ [ 内野勝行 ]

 

 

   f:id:sakurado:20210416095958p:plain

 

 f:id:sakurado:20210326161259p:plain f:id:sakurado:20210531081439p:plain

本を読むということは、ある意味、とても活動的でおしゃべりなこと。

なぜなら、心や頭で、ずっと著者とおしゃべりをしているのだから。

そんな姿を外からみたら、静かですごく寡黙なように見えることでしょう・・・。

 

 クリックありがとうございます💛^^
↓ ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

こちらはコロナ支援の一環になります。

旅行や食事などの自粛でさまざまな食品が捨てられています。フードロスの支援をお願いします。  

【ロスオフ】でフードロス支援!